日本家族制度史研究

砂川寛栄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ○緖論
  • 我國家族制度史硏究の必要 / 1
  • ○本論
  • 第一章 創成時代 / 4
  • 第一節 古代民の生業 / 4
  • 第二節 家の組織 / 15
  • A 氏族制度 / 15
  • B 祖先崇敬 / 23
  • C 父系制の家 / 30
  • D 一夫多妻の俗 / 37
  • 第三節 婚姻 / 49
  • A 婚姻 / 49
  • B 離婚 / 59
  • 第四節 婦人の地位 / 63
  • 第五節 家長權 / 72
  • 第六節 家の存續 / 79
  • A 相續 / 79
  • B 養子 / 82
  • 第二章 模傚時代 / 85
  • 第一節 大北改新の文化史上の地位 / 85
  • 第二節 儒敎の影響 / 89
  • 第三節 親族の範圍 / 94
  • 第四節 親權と戶主權 / 100
  • 第五節 婚姻 / 107
  • A 結姻 / 107
  • B 離婚 / 116
  • 第六節 家の存續 / 122
  • A 蓄妾 / 122
  • B 相續 / 124
  • C 養子 / 127
  • 第七節 婦人の地位 / 130
  • 第三章 武家時代 / 137
  • 第一節 其文化史上の地位 / 137
  • 第二節 武士 / 144
  • 第三節 婚姻 / 149
  • 第四節 親權 / 153
  • 第五節 家の存續 / 155
  • 第六節 日本佛敎と社會 / 157
  • 第七節 婦人の地位 / 160
  • 第四章 過渡時代 / 166
  • 第一節 社會狀態 / 167
  • 第二節 親權 / 169
  • 第三節 婚姻 / 170
  • 第四節 婦人の地位 / 173
  • 第五節 家の存續 / 174
  • 第六節 次期への橋渡し / 176
  • 第五章 大成時代 / 182
  • 第一節 社會組織 / 182
  • 第二節 親權 / 190
  • 第三節 復讐と家 / 193
  • 第四節 婚姻 / 196
  • A 結婚 / 196
  • B 離婚 / 201
  • 第五節 家の存續 / 204
  • A 相續 / 204
  • B 養子 / 206
  • C 蓄妾 / 208
  • 第六節 婦人の地位 / 210
  • 第六章 改革時代 / 214
  • 第一節 舊來の家族制度崩壞の機運 / 214
  • 第二節 親子關係の變動 / 218
  • 第三節 改革途上の婚姻 / 222
  • A 結婚 / 222
  • B 離婚 / 237
  • 第四節 家の存續 / 247
  • 第五節 婦人の地位の向上 / 251
  • 第六節 賣笑婦問題 / 264
  • 第七節 基督敎と我國の家 / 274
  • 結論 我國家族制度の將來 / 281
  • 索引
  • 一、 事項索引 / 1
  • 二、 書名索引 / 33
  • 三、 人名索引 / 51

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本家族制度史研究
著作者等 砂川 寛栄
書名ヨミ ニホン カゾク セイドシ ケンキュウ
書名別名 Nihon kazoku seidoshi kenkyu
出版元 中文館書店
刊行年月 1926
版表示 再版
ページ数 363p
大きさ 19cm
全国書誌番号
52009527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想