食べ物の歴史

直良信夫 著

[目次]

  • もくじ
  • 秋はもの思うによいとき / 1
  • 食べることは生存の第一条件である / 1
  • 人間の遠い祖先はどんなものを食べていたか / 4
  • 新しい生活への出発 / 10
  • 暖かい土地を求めて / 16
  • 東洋に住んでいた猿人たちの生活 / 21
  • 原人たちはどんな物を食べていたか / 29
  • 後期旧石器時代の人々のくらしかた / 35
  • 人間の歴史上にかがやかしい朝がきた / 40
  • 人間の生活に大きな改革がおこった / 47
  • 金属器時代をむかえて / 61
  • 日本の古代人はどんな食生活をしていたか / 67
  • 新石器時代の人たちの食生活 / 68
  • 初期金属器時代の食べ物 / 108
  • 食器はどのように変わってきたか / 117
  • 炊事はだれがしたか / 127
  • これからの食べ物はどうなってゆくか / 131
  • さくいん / 139

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 食べ物の歴史
著作者等 直良 信夫
書名ヨミ タベモノ ノ レキシ
シリーズ名 人間の歴史文庫 ; [4]
出版元 福村書店
刊行年月 昭和27
ページ数 139p
大きさ 19cm
NCID BA60841855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45041609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想