沖永良部島史

坂井友直 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 位置及地勢氣候 / 1
  • 第二章 島の名稱考察 / 2
  • 第三章 島の原始時代 / 4
  • 第一節 開闢の神話 / 4
  • 第二節 奄美諸島人の祖先 / 7
  • 第三節 奄美諸島の先住民族 / 10
  • 第四節 南島人の祖先と丸木舟 / 12
  • 第五節 原始時代の器物 / 14
  • 第四章 無所屬時代 / 15
  • 第一節 按司の割據 / 15
  • 第二節 源爲朝の來島 / 16
  • 第五章 琉球服屬時代 / 18
  • 第一節 琉球史の槪要 / 18
  • 第二節 琉球への服屬 / 19
  • 第三節 沖永良部世の主 / 20
  • 第四節 世の主後の島主 / 23
  • 第五節 西世の主 / 24
  • 第六節 安佐珍 / 24
  • 第七節 首里之主 / 24
  • 第八節 琉球服屬時代の役員 / 25
  • 第九節 慶長役と沖永良部 / 26
  • 第六章 薩藩直屬時代 / 28
  • 第一節 代官所の職制 / 29
  • 第二節 歷代々官 / 30
  • 第三節 間切役所の職制 / 34
  • 第四節 間切役所時代の行政區別 / 37
  • 附 歷代與人
  • 第五節 夫役並に人口調べ / 38
  • 第六節 薩藩治下の租稅 / 40
  • 第七節 公田私田並高配當 / 41
  • 第八節 薩藩治下の糖業政策 / 42
  • 第九節 沖與兩島の糖業狀况 / 48
  • 第十節 御慶事上國興人 / 49
  • 附 琉球へ賀使派遣
  • 第十一節 諸系圖文章差出しのこと / 56
  • 第十二節 服裝並髮指制限 / 56
  • 第七章 沖永良部と南洲 / 59
  • 第一節 南洲謫居總論 / 59
  • 第二節 南洲の幼年時代 / 60
  • 第三節 南洲とお由羅騷動 / 62
  • 第四節 南洲と齊彬公 / 63
  • 第五節 南洲と月照 / 64
  • 第六節 南洲大島差遣 / 68
  • 第七節 南洲を召還す / 73
  • 第八節 南洲逆鱗に觸る / 75
  • 第九節 南洲德之島謫居 / 78
  • 第十節 沖永良部島流謫 / 83
  • 第十一節 南洲赦免召還 / 106
  • 第十二節 召還後の南洲と土持 / 110
  • 第八章 明治維新以後 / 113
  • 第一節 在番所設置 / 113
  • 第二節 支廳設置 / 114
  • 第三節 郡役所出張所置かる / 115
  • 第四節 與人を廢し戶長を置く / 116
  • 第五節 村治機關の變遷 / 117
  • 第六節 諸制度改革 / 120
  • 第七節 地租改正並地價修正 / 125
  • 第八節 社倉由來記 / 128
  • 第九節 警察署の沿革 / 153
  • 附 歷代署長-殉職警官
  • 第十節 大島區裁判所出張所沿革 / 160
  • 第十一節 郵便局の沿革 / 162
  • 第十二節 [沖]洲敎育發達史 / 163
  • 第十三節 島治功勞者 / 174
  • 第十四節 孝子節婦 / 181
  • 第十五節 和泊事變 / 183
  • 第十六節 カナダ船遭難 / 186
  • 第十七節 定期航海開始 / 187
  • 第十八節 神社と城籠祭 / 189
  • 第十九節 土木事業年鑑 / 193
  • 第九章 風習慣例 / 197
  • 第一節 住居に關する風習 / 197
  • 第二節 娛樂 / 200
  • 第三節 南島の詩歌俗謠 / 202
  • 第四節 婚姻の風習 / 210
  • 第五節 葬式並年忌祭 / 212
  • 第十章 雜事 / 213
  • 第一節 沖永良部百合に關する事 / 213
  • 第二節 沖永良部電氣會社問題 / 218
  • 第十一章 結論 / 219
  • 編輯後記 / 221
  • 編者自叙傳 / 221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沖永良部島史
著作者等 坂井 友直
書名ヨミ オキノエラブジマシ
書名別名 Okinoerabujimashi
シリーズ名 天仙叢書
出版元 坂井友直
刊行年月 1933.3
ページ数 231p
大きさ 20cm
NCID BA60552836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20273865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想