法幣の前途と中支經濟

小汀利得 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一、 軍票相場の昻騰 / (1)
  • 二、 資產凍結と爲替割當制 / (3)
  • 三、 爲替平衡資金委員會 / (5)
  • 四、 「上海放棄」の理由 / (7)
  • 五、 物價と貿易 / (10)
  • 六、 我方及國民政府の報復策 / (16)
  • 七、 對日貿易の重要性 / (19)
  • 八、 圓系通貨への影響 / (22)
  • 九、 儲備劵の位置 / (24)
  • 十、 法幣の前途は暗澹 / (26)
  • 一一、 法幣增發抑制は不可能 / (28)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 法幣の前途と中支經濟
著作者等 小汀 利得
書名ヨミ ホウヘイ ノ ゼント ト チュウシ ケイザイ
シリーズ名 研究報告 ; 第11輯
出版元 中山経済研究所
刊行年月 1941.11
ページ数 32p
大きさ 18cm
全国書誌番号
20325440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想