真葛がはら

只野真葛 著

発売: 三島開文堂;装丁 : 和装

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • (天)
  • 解題
  • 自序
  • 一、變化の猫 / 1
  • 二、澤口覺左衛門狐打の次第 / 2
  • 三、同じ人奇獸を打ちし事 / 3
  • 四、むくつけ物語三くだり / 7
  • 五、香蓮といふ菓子の由來 / 11
  • 六、松島の道の記 / 13
  • 七、ゆふべの名殘 / 19
  • 八、名取のおほをさ / 21
  • 九、をこのかたり / 22
  • 十、人に誂へられし詞 / 22
  • 十一、一絃琴の詞 / 23
  • 十二、一休和尙の語に添へし詞 / 24
  • (地)
  • 一、みちのく日記 / 25
  • 二、塩竈まうで / 33
  • 三、ながぬまの道記 / 34
  • 四、父君の病あつしうし給ふ頃、とぶらひまつるとて、五つの節の事をかたどりたる作り物奉りしたゝうがみに書付けたる哥、幷にたへ子の父君に代りまつりてよみて贈れる哥 / 36
  • 五、故郷をおもふ長歌 / 37
  • 六、身をなげくうた幷に言葉 / 38
  • 七、炭やく人をおもふ長うた / 39
  • 八、桃の林に遊ぶと人の夢に見たるに依りて / 40
  • 九、小倉色紙の摺物によりて歌よみてよと人の乞ひしによりてよめる / 40
  • 十、正月十九日ばかりの夜更けて、たへ子の上りをる殿の内より火出でて俄に燒けぬと聞きておくりたる / 41
  • 十一、まがつ火をなげくうた / 41
  • 十二、同じたびにをぢ君の御もとをとぶらふ / 43
  • 十三、三夜の言葉 / 43
  • 十四、七種のたとへ / 43
  • 十五、絕えぬかづら / 48
  • 十六、あやしの筆の跡 / 49

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 真葛がはら
著作者等 只野 真葛
工藤 真葛
書名ヨミ マクズガハラ
出版元 青葉倶楽部
刊行年月 1931.6
ページ数 54丁
大きさ 25cm
NCID BA32695325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88090413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想