考古學講座  [10]

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 考古學講座 「考古學研究法」
  • 一、 考古學とは何ぞや / 1
  • 二、 考古學的調査 / 3
  • 三、 考古學的探檢と發掘 / 7
  • 四、 考古學的資料の整理 / 10
  • 五、 考古學の特殊的研究 / 14
  • 六、 時代の決定 / 17
  • 七、 文献と考古學 / 19
  • 八、 考古學的出版と遺物遺跡の保存 / 21
  • 考古學講座『神社と考古學』
  • 第一章 神社考古學に就いて / 1
  • 第二章 神社考古學の範圍 / 4
  • 第三章 原始信仰期 / 7
  • イ 石器時代の宗敎的遺跡遺物 / 8
  • ロ 原史時代の宗敎思想 / 21
  • ハ 神社の發生 / 72
  • ニ 神事その他に現はれた考古學的遺物 / 97
  • 第四章 有史期(外來思想混淆期) / 105
  • イ 神像 / 109
  • ロ 神饌 / 154
  • ハ 調度及裝飾 / 159
  • ニ 建築 / 166
  • ホ 棟札 / 180
  • ヘ 其他 / 191
  • ト 鰐口 / 191
  • チ 製札 / 196
  • リ 額と繪馬 / 199
  • ヌ 燈籠 / 203
  • 考古學講座『紋章學』
  • 第一章 定義 / 1
  • 第二章 起原 / 5
  • 第一節 公家の家紋 / 7
  • 第二節 武家の家紋 / 11
  • 第三章 沿革 / 13
  • 第四章 選定の意義 / 20
  • 第一節 尙美的意義 / 21
  • 第二節 指事的意義 / 24
  • 第三節 瑞祥的意義 / 27
  • 第四節 紀念的意義 / 30
  • 第五節 尙武的意義 / 31
  • 第六節 信仰的意義 / 34
  • 第五章 紋章の構成 / 42
  • 第一節 附加 / 43
  • 第二節 改造 / 48
  • 第三節 合成 / 57
  • 第四節 分割 / 62
  • 第五節 省略 / 65
  • 第六章 形態の變遷 / 65
  • 第七章 紋章の分類 / 67
  • 考古學講座『神代ながらの新嘗御親祭』
  • 親嘗祭の由來 / 1
  • 齋田卜定の作法 / 3
  • 齋場院 / 5
  • 荒見河の祓と御禊 / 7
  • 大甞院宮の造營とその制 / 10
  • 大嘗宮外内の準備 / 19
  • 廻立殿より大嘗宮へ渡御の儀 / 22
  • 祭殿南門前庭の儀 / 24
  • 國栖と隼人と語部 / 25
  • 神饌の調理と神饌行立の儀 / 27
  • 御親祭の次第 / 33
  • 結語 / 36

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 考古學講座
書名ヨミ コウコガク コウザ
書名別名 Kokogaku koza
巻冊次 [10]
出版元 雄山閣
刊行年月 [192-]
ページ数 1冊
大きさ 22cm
全国書誌番号
20268755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想