真理・言語・歴史

ドナルド・デイヴィドソン 著 ; 柏端達也, 立花幸司, 荒磯敏文, 尾形まり花, 成瀬尚志 訳

「墓碑銘のすてきな乱れ」など世界を驚倒させた重要論文を収録し、その真理論・言語論の到達点を示すほか、「プラトンの哲学者」「ソクラテスの真理概念」など、若き日に情熱を傾けた古代哲学に回帰し、みずからの哲学史的位置をも鮮明にしようとする、デイヴィドソンの巨大な業績を締め括るにふさわしい傑作論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 真理(真理の復権
  • 真理を定義しようとすることの愚かさ ほか)
  • 第2部 言語(墓碑銘のすてきな乱れ
  • 言語の社会的側面 ほか)
  • 第3部 非法則的一元論(思考する原因
  • 法則と原因)
  • 第4部 歴史的思考(プラトンの哲学者
  • ソクラテスの真理概念 ほか)
  • 補遺 ローティ、ストラウド、マクダウェル、そしてペレーダに応える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真理・言語・歴史
著作者等 Davidson, Donald
柏端 達也
立花 幸司
荒磯 敏文
尾形 まり花
成瀬 尚志
デイヴィドソン ドナルド
書名ヨミ シンリ ゲンゴ レキシ
書名別名 Truth,language,and history
シリーズ名 現代哲学への招待 Great Works
出版元 春秋社
刊行年月 2010.12
ページ数 512, 25p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-32325-0
NCID BB04426311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21880200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想