勤皇秀歌  万葉時代篇

武田祐吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 萬葉時代勤皇歌の本質とその史的展開 / 1
  • 一 歌道の本義と勤皇精神 / 1
  • 二 歌史の大觀 / 6
  • 三 萬葉時代 / 10
  • 第二章 古代及び明日香時代 / 14
  • 一 大來目主 / 15
  • 二 道の臣の命 / 21
  • 三 來目部 / 27
  • 四 尾代の子 / 31
  • 五 大葉子 / 33
  • 第三章 藤原時代 / 37
  • 一 藤原の宮 / 37
  • 二 柹本人麻呂 / 61
  • 三 遣唐使 / 76
  • 第四章 奈良時代(上)勤皇精神 / 83
  • 一 山上憶良 / 84
  • 二 高橋蟲麻呂 / 98
  • 三 海犬養岡麻呂 / 104
  • 四 橘諸兄 / 106
  • 五 靫懸くる伴の緖 / 108
  • 六 大伴家持 / 111
  • 第五章 奈良時代(中)遣外使節 / 140
  • 一 遣唐史 / 140
  • 二 遣渤海使 / 180
  • 三 遣新羅使 / 182
  • 第六章 奈良時代(下)防人 / 216
  • 一 防人及びその家族 / 216
  • 二 背後に立つ者 / 342

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 勤皇秀歌
著作者等 武田 祐吉
書名ヨミ キンノウ シュウカ
書名別名 Kinno shuka
巻冊次 万葉時代篇
出版元 聖紀書房
刊行年月 1942
ページ数 366p
大きさ 19cm
NCID BN09184225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60009700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想