日本文学論大系  IV

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 日本文學と大陸文學 目次
  • はじめに / 1
  • 一 島國性文化 / 6
  • 1 政治について / 9
  • 2 思想について / 11
  • 二 日本文學の短所面-大陸文學に對する- / 15
  • 1 非思想性 / 16
  • 2 非構想性 / 19
  • 3 非奔放性 / 22
  • 4 非音律性 / 25
  • 三 日本文學の長所面 / 28
  • 1 自然美觀-いはゆる藝術美に對し- / 32
  • 2 大乘的宗敎觀-キリスト敎的愛に對し- / 41
  • 3 感受性の敏化-重理輕事の文學に對し- / 47
  • 4 無心の心美-主情主義文學に對し- / 54
  • むすび / 62
  • 古代覉旅歌論 目次
  • 一 古代詩歌の本質究明に就いて / 1
  • 二 覉旅歌の意味と古代に於けるその分布 / 5
  • 三 記紀歌謠に於ける諸相の展望 / 12
  • 四 萬葉集に於ける六種の歌の系列 / 13
  • (イ)旅行主題歌 / 13
  • (ロ)旅行く人を思ふ歌 / 13
  • (ハ)病人死人を傷む歌 / 19
  • (ニ)望鄕歌 / 22
  • (ホ)敍景歌 / 33
  • (ヘ)婦人關係を歌ふ歌 / 53
  • 五 萬葉羇旅歌全般の歸趨 / 56
  • 六 八代集の羇旅歌 / 64
  • 七 古代羇旅歌の特質 / 74
  • 八 古代羇旅歌の作家達 / 81
  • (1)柿本人麿 / 81
  • (2)春日老 / 86
  • (3)山部赤人 / 89
  • 貴族主義文學 目次
  • 一 まへがき / 1
  • 二 ますらをの浪曼 / 11
  • 三 みやびの誠 / 28
  • 四 やまと歌の自信 / 57
  • 五 榮華の詩心 / 72
  • 六 復古の志 / 86
  • 萬葉集歌形論 目次
  • はしがき / 1
  • 第一 音律論 / 3
  • 1 五音句七音句の成立 / 3
  • 2 五七音律發生の理由 / 12
  • 第二 長歌形式論 / 17
  • 1 長歌形式の發達 / 17
  • 2 長歌の句數 / 24
  • 3 對句の發達 / 29
  • 4 枕詞と序詞 / 40
  • 第三 短歌形式論 / 51
  • 1 短歌形式の發生 / 51
  • 2 短歌の句切 / 58
  • 3 反歌の成立 / 65
  • 第四 旋頭歌形式論 / 73
  • 1 旋頭歌形式の發生 / 73
  • 2 複合體長歌形式 / 79

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学論大系
書名ヨミ ニホン ブンガクロン タイケイ
書名別名 Nihon bungakuron taikei
巻冊次 IV
出版元 雄山閣
刊行年月 1942-1944
ページ数 7冊
大きさ 22cm
NCID BN09817740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57010899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
あはれ 西尾光雄
万葉集歌形論 次田真幸
上代文学精神 児山敬一
中世文学の基調 井本農一
中古女流作家論 清水文雄
古代羇旅歌論 田辺幸雄
国文学と国語教育 西原慶一
大正文芸思潮 吉田精一
日本文芸美論 神田秀夫
日本書紀の立場 鴻巣隼雄
本邦中世の文学観 小島吉雄
源氏物語の和歌 森岡常夫
現代日本の文学 田中保隆
第1号: 近代詩の展開 土岐善麿
第2号: 国学論 斎藤毅
第3号: 仏教文学論 阪口玄章
第4号: 日本文学と大陸文学 斎藤清衛
第5号: 連歌論史 潁原退蔵
第6号: 古典と現代 麻生磯次
第7号: 万葉集と古今集 沢潟久孝
蕉風俳諧論 柳田知常
説話文学論 長野嘗一
貴族文義文学 池田勉
近世小説の精神 野田寿雄
近世文藝思潮 重友毅
近代浪漫主義文学 石山徹郎
道と型との文学 能勢朝次
隠逸文学 佐山済
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想