国民経済学講義  理論の部 第2巻 (貨幣・信用)

クヌート・ウイックセル 著 ; 堀経夫, 三谷友吉 共訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ドイツ版序文
  • 第一章 緖論 貨幣の槪念及び職能 / 1
  • 一、國民經濟に於ける貨幣の意義 / 3
  • 二、價値尺度及び價値貯藏物としての貨幣 / 5
  • 三、交換手段としての貨幣。貨幣の交換價値、及び貨幣『需要』 / 15
  • 四、貨幣と信用の關係 / 26
  • 第二章 鑄貨制度 / 31
  • 一、鑄貨としての貴金屬。古代及び中世に於ける鑄貨制度に關する歷史的覺書 / 31
  • 二、近世、特に十九世紀に於ける鑄貨制度 / 39
  • 三、スウエーデンの鑄貨史、及び現在の我國の貨幣と他國の貨幣との比較 / 49
  • 四、鑄貨制度の技術 / 53
  • 五、本位鑄貨と補助鑄貨 / 58
  • 六、法學的觀點からの貨幣 / 62
  • 第三章 貨幣の流通速度。信用及び銀行制度 / 69
  • 一、貨幣の流通速度に關する槪論。現金在高及び信用 / 69
  • 二、可能流通速度 / 77
  • 三、信用の形態 / 81
  • 四、銀行制度。銀行の成立に關する歷史的覺書 / 84
  • 五、現代の銀行業 / 92
  • 六、『理想的銀行』及び其の實現の障害 / 102
  • A 小額支拂。銀行券 / 103
  • B 國際支拂。貿易勘定と收支勘定 / 107
  • C 外國爲替相場 / 119
  • D 鑄造平價と金現送點 / 126
  • E 金流出の際に於ける中央銀行の割引政策 / 128
  • F 謂はゆる輕量貨幣。金打步。中央銀行の借入政策 / 136
  • G 貨幣金屬なき國際支拂の調節 / 140
  • H 純粹なる信用制度に對する猶ほ殘存せる障害、及びそれの克服の可能性 / 143
  • 第四章 貨幣の交換價値 / 151
  • 一、貨幣の交換價値なる語は如何なる意味に用ふべきか?貨幣價値と物價 / 151
  • 二、平均的物價水準及び其の測度 / 156
  • 三、種々の貨幣價値理論。數量說 / 167
  • 四、生產費說 / 173
  • 五、新說 / 181
  • 六、數量說の缺陷。合理的理論の試み / 188
  • 七、續き。信用の物價に對する影響。謂はゆる通貨主義と銀行主義の論爭 / 199
  • 八、續き。リカアドウ學派及びトウク學派の理論の批判 / 208
  • 九、積極的解決 / 225
  • 一〇、結論。貨幣制度の實際的調整 / 253
  • 文獻及び補遺 / 269

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民経済学講義
著作者等 Wicksell, Knut
三谷 友吉
堀 経夫
クヌート・ウイックセル
書名ヨミ コクミン ケイザイガク コウギ
巻冊次 理論の部 第2巻 (貨幣・信用)
出版元 経済図書
刊行年月 1943 2版
版表示 訂正版
ページ数 276p
大きさ 22cm
全国書誌番号
49014177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想