東関紀行

鳥野幸次 校註

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 發端 / 1
  • 二 逢坂越 / 3
  • 東山の邊の家を出づ / 3
  • 函谷の故事 / 3
  • 蟬丸、東三條院などの事 / 3
  • 三 近江路 / 6
  • 瀨田の長橋 / 6
  • 野路、篠原 / 7
  • 鏡の宿、尙齒會の詠歌 / 8
  • 武佐寺の傍に宿す / 9
  • 醒が井 / 10
  • 四 美濃路 / 12
  • 不破の關屋 / 12
  • 株瀨川にて十五夜觀月 / 12
  • 五 尾張路 / 14
  • 熱田の宮 / 14
  • 二村山 / 16
  • 六 三河路 / 17
  • 八橋、業平の杜若の歌 / 17
  • 赤坂、大江定基の出家 / 18
  • 本野が原 / 18
  • 北條泰時と召公の治績 / 19
  • 豐河 / 20
  • 高師山 / 21
  • 七 遠江路 / 23
  • 橋本 / 23
  • 舞澤の原の觀音堂 / 25
  • 天龍川の渡舟 / 26
  • 今の浦に宿す / 27
  • 小夜の中山 / 28
  • 菊川にて中納言宗行を懷ふ / 29
  • 大井川 / 30
  • 八 駿河路 / 31
  • 宇津の山 / 31
  • 梶原の墓 / 33
  • 淸見が關、淸原滋藤の朗詠 / 35
  • 興津 / 36
  • 岫が崎 / 37
  • 蒲原 / 38
  • 田子の浦の富士 / 38
  • 浮島が原 / 39
  • 千本の松原 / 40
  • 車返の里 / 41
  • 九 三嶋より箱根 / 42
  • 三嶋明神、能因の歌 / 42
  • 箱根山 / 42
  • 蘆の湖、權現の社 / 43
  • 十 相模路 / 43
  • 湯本に宿す / 43
  • 鎌倉着、旅舍の樣 / 44
  • 和賀江の築島、三浦三崎などを巡遊す / 45
  • 十一 鎌倉 / 46
  • 鎌倉の始と其の繁昌 / 46
  • 鶴が岡八幡宮 / 46
  • 二階堂 / 46
  • 由比の浦大佛 / 47
  • 十二 歸洛 / 50
  • 李陵、蘇武の思ひ / 50
  • 十月二十三日出發 / 51
  • 附錄 總說 / 55
  • 一 海道の紀行 / 55
  • 二 海道記、東關紀行の内容と作者 / 57
  • 三 源親行父子の傳 / 63
  • 四 東關紀行の文章 / 69
  • 五 結 / 71
  • 海道くだり(平家物語、卷十) / 73
  • 大臣以下流罪の事(源平盛衰記、卷十二) / 76
  • 重衡關東下向(同、卷三十九) / 80
  • 内大臣殿父子關東下向の事(長門本平家物語、卷十八) / 82

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東関紀行
著作者等 鳥野 幸次
書名ヨミ トウカン キコウ
出版元 明治書院
刊行年月 1942
版表示 5版
ページ数 87p 図版
大きさ 20cm
全国書誌番号
53010316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想