東関紀行

待鳥清九郎 校註

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一、 口繪 / 1
  • 一、 正保板長明道記寫眞 / 1
  • 二、 鎌倉時代の旅行(石山寺緣起繪詞) / 1
  • 三、 東海道略圖 / 1
  • 二、 緖言 / 1
  • 三、 總說 / 1
  • 一、 傳本 / 3
  • 二、 作者 / 4
  • 三、 平家物語・源平盛衰記との關係 / 7
  • 四、 内容 / 9
  • 五、 文章 / 12
  • 六、 註釋書 / 14
  • 七、 鎌倉室町時代文學年表 / 15
  • 四、 東關紀行(目次) / 1
  • 五、 東關紀行(本文) / 1
  • 六、 附錄 / 61
  • 七、 索引 / 77
  • 八、 石山寺緣起繪詞より / 88
  • 東關紀行 目次
  • 一、 世に經る道 / 3
  • 二、 思はぬ旅 / 4
  • 三、 關の淸水 / 4
  • 四、 鳰の海邊 / 8
  • 五、 不破の關路 / 13
  • 六、 熱田の神垣 / 15
  • 七、 鳴海潟 / 17
  • 八、 人樣々 / 20
  • 九、 柳の蔭 / 23
  • 一〇、 變る瀨 / 24
  • 一一、 濱名のほとり / 25
  • 一二、 河湖のながめ / 31
  • 一三、 小夜の中山 / 32
  • 一四、 川また川 / 36
  • 一五、 蔦の下道 / 37
  • 一六、 驕の跡 / 40
  • 一七、 淸見潟 / 43
  • 一八、 富士の白雪 / 44
  • 一九、 釣するあま / 48
  • 二〇、 箱根八里 / 49
  • 二一、 鎌倉入り / 52
  • 二二、 鶴が岡の餘光 / 53
  • 二三、 歸る雁 / 57
  • 附錄目次
  • ○海道下り / 63
  • ○大臣殿父子關東下向の事 / 67
  • ○大臣以下流罪の事 / 72

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東関紀行
著作者等 待鳥 清九郎
書名ヨミ トウカン キコウ
シリーズ名 要註国文定本総聚
出版元 広文堂
刊行年月 1929
ページ数 87p 図版 地図
大きさ 21cm
全国書誌番号
54011887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想