逍遥選集 : 12巻 別冊3巻  苐八巻

坪内逍遥 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 著者小照(其の一)
  • 同(其の二)
  • 巢林子像
  • 緖言 / 1
  • 春迺家漫筆
  • 壹圓紙幣の履歷ばなし / 1
  • をかし / 65
  • 政界叢話 / 105
  • 梓神子 / 143
  • 人生四季 / 183
  • 所謂新しい女 / 211
  • 何故に滑稽作者は出でざるか? / 373
  • 如何なる人が最もよく笑ふか? / 381
  • 詩人の二性格 / 389
  • 學者頭と詩人頭 / 397
  • 「文明」の硏究 / 407
  • 牛のよだれ / 419
  • ノルダウの『現代の墮落』の序 / 439
  • 馬骨人言 / 449
  • 近世文學思想の源流 / 547
  • ロマンチシズムの圖表
  • 近松の淨瑠璃 / 665
  • 『天の網島』 / 673
  • 『女殺油地獄』 / 693
  • 近松が時代物 / 725
  • 『めいどの飛脚』 / 731
  • 近松硏究會發會の辭 / 739
  • 『槍權三重帷子』 / 741
  • 『戀八卦柱曆』 / 751
  • 『天の網島』 / 755
  • 『雪女五枚羽子板』 / 759
  • 『國性爺合戰』 / 763
  • 近松とシェークスピヤ / 769
  • 特種の偶人劇としての我が操り芝居の硏究 / 779
  • 外國の操り芝居 / 789
  • 我が國の操り芝居に就いて / 799
  • 近松二百年記念事業に對する希望 / 815
  • 近松二百年記念事業に就いて(再び) / 829

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 逍遥選集 : 12巻 別冊3巻
著作者等 坪内 逍遥
書名ヨミ ショウヨウ センシュウ
書名別名 Shoyo senshu
巻冊次 苐八巻
出版元 春陽堂
刊行年月 1926-1927
ページ数 15冊 図版
大きさ 23cm
NCID BN09094836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56012169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある富豪の夢
お七吉三
お夏狂亂
じゃじゃ馬馴らし
ふたごころ
ウォーレン夫人の職業 バーナード・ショー作
ヘンリー四世 : 第一部
ヘンリー四世 : 第二部
マクベス
一休禪師
主として少、青年のために
以尺報尺
俄仙人
内地雜居未來之夢
初夢
別冊第1: 一讀三歎當世書生氣質
別冊第2: 春風情話 ソル・ヲルタル・スコット
別冊第3: 小説神髓
名殘の星月夜
和歌の浦
囘春泉の試驗
墮天女
大いに笑ふ淀君
寒山拾得
小袖物狂
常闇
役の行者
我が國の史劇
教育上より觀たる文藝
文學入門
新曲赫映姫
新磨妹と脊かゞがみ
松のうち
桐一葉(實演用)
歌麿と北齋
沒理想論
沓手鳥孤城落月
法難
泰西活劇春窓綺話 スコット
牧の方(改作)
現代男
眞夏の夜の夢
第10巻: 劇に關する論説
第11巻: 美辭論稿
第1巻: 桐一葉(讀み本體)
第2巻: 牧の方(第一作)
第3巻: 新曲浦島
第4巻: テムペスト(颶風)
第5巻: アントニーとクレオパトラ
第6巻: 主として倫理講話者のために
第7巻: 芝居繪と豊國及び其門下
第8巻: 春迺家漫筆
第9巻: 藝術と社會
細君
義時の最期
聖徳太子と惡魔
藝術と家庭
行者と女魔
該撒奇談自由太刀餘波鋭鋒 シェークスピヤ
諷誡京わらんべ
贋貨つかひ カサリン・グリーン
醒めたる女(最後のド・ムラン家) セント・ジョン・ハンキン作
金毛狐
鉢かつぎ姫
長生新浦島
開卷悲憤慨世士傳 ロルド・リットン
靈驗
骨董熱
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想