経済学全集  第三十三卷

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 インフレーシヨン政策の破產 / 15
  • 一 吾々の問題 / 17
  • 二 戰後日本資本主義の本質的變化 / 21
  • 三 生產力對市場の特殊の深大矛盾 / 23
  • 四 戰後インフレーシヨンの意義 / 28
  • 五 戰後における上向的發展の性質 / 37
  • 六 諸矛盾は如何に展開したか / 45
  • 七 昭和二年金融恐慌 / 54
  • 八 インフレーシヨン政策の破產 / 56
  • 九 一應の見透[し] / 70
  • 第二章 解禁恐慌の展開 / 77
  • 一 解禁恐慌の性質 / 79
  • 二 解禁恐慌の成熟 / 83
  • 三 解禁後の物價下落と五月の恐慌深度 / 86
  • 四 生產及び貿易の激減 / 89
  • 五 失業の激增 / 92
  • 六 取引所ガラの意義 / 95
  • 七 金融狀勢の惡化 / 98
  • 八 デフレーシヨンの矛盾 / 102
  • 第三章 金融危機の成熟 / 107
  • 一 恐慌深度の深まり / 109
  • 二 諸カルテルの動搖 / 115
  • 三 重工業の惡化 / 121
  • 四 最後的な期待と夢 / 124
  • 五 利潤率の激減 / 126
  • 六 金融危機の成熟 / 130
  • 七 正貨流出續く / 134
  • 八 危機のモメントとしての公債下落 / 137
  • 第四章 デフレーシヨンと金融資本 / 141
  • 一 金融資本と金解禁 / 143
  • 二 金融資本の皮算用 / 144
  • 三 特徵的な誤算 / 146
  • 四 なぜ全ブルジヨアジーは釣られたか / 148
  • 五 成功の主要條件は犠牲と負擔の大衆への轉嫁 / 149
  • 六 濱口民政内閣の役割 / 151
  • 七 金融資本政府の本質 / 154
  • 八 向ふから外れた「皮算用」 / 156
  • 九 恐慌の激流に押流されて / 158
  • 一〇 「國民」は何を訴へられたか / 159
  • 一一 井上のデマゴギー / 160
  • 一二 山本のデマゴギー / 163
  • 一三 政策に於ける金融資本の動搖 / 165
  • 一四 武藤のデマゴギー / 167
  • 一五 沒落期ブルジヨアジーの政策とデマ / 169
  • 一六 危機の諸モメンドの激化 / 171
  • 一七 公債の暴落 / 173
  • 一八 デフレーシヨン政策破綻の諸徵候 / 175
  • 第五章 金輸出再禁止の問題 / 179
  • 一 再禁止問題の現實化 / 181
  • 二 再禁止・新平價解禁論の二三の前提 / 184
  • 三 再禁止・新平價解禁の方法と「效能」と / 186
  • 四 恐慌囘避のユートピア / 190
  • 五 中小企業保護のユートピア / 198
  • 六 債務切捨てのユートピア / 201
  • 七 小ブルヂヨアを警戒せよ / 205
  • 八 沒落資本主義の道化役 / 208
  • 九 救濟政策の一時的奏[効] / 210
  • 一〇 物價續落・貿易尻惡化・正貨流出二億圓・限外發行激增 / 212
  • 一一 地方銀行の破綻頻發 / 216
  • 第六章 農業恐慌の尖銳化 / 221
  • 一 農產物價格の激落 / 223
  • 二 米恐慌-その「對策」の無力 / 225
  • 三 米恐慌の原因 / 230
  • 四 矛盾の尖銳化(その一) / 239
  • 五 矛盾の尖銳化(その二) / 244
  • 六 半封建的日本農業の一般的危機 / 250
  • 七 日本農業の合理化・資本主義化は可能か? / 257
  • 八 農業恐慌と日本資本主義 / 260
  • 第七章 帝國主義財政の危機 / 269
  • 一 豫算審議の危機と財政自體の危機 / 271
  • 二 日本財政は、如何に、また何故に、尨大か? / 272
  • 三 負擔者は誰か? / 278
  • 四 財政とインフレーシヨン / 284
  • 五 財政危機の成熟 / 296
  • 六 この「恐慌豫算」 / 299
  • 七 緊縮の欺瞞 / 300
  • 八 減稅の欺瞞 / 305
  • 九 實行不能による破綻の見透し / 307
  • 一〇 公債政策の破產 / 309
  • 一一 帝國主義財政の危機 / 312
  • 第八章 日本における第三期恐慌の特質 / 319
  • 一 不景氣局面と恐慌局面 / 321
  • 二 九年恐慌と此の恐慌 / 323
  • 三 第三期恐慌としての解禁恐慌 / 325
  • 四 日本に於ける第三期恐慌の特質(一) / 338
  • 五 日本に於ける第三期恐慌の[特]質(二) / 345
  • 六 日本に於ける第三期恐慌の特質(三) / 353
  • 第九章 「建直し」は可能か? / 355
  • 一 問題の再吟味 / 357
  • 二 恐慌深度と景氣カーヴの見透し / 362
  • 三 歷史的發展の特殊性 / 370
  • 四 「建直し」は可能か / 378
  • 五 その後に來るもの / 389
  • 第十章 恐慌深化の新局面 / 395
  • 一 新局面の性質 / 397

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学全集
書名ヨミ ケイザイガク ゼンシュウ
書名別名 Keizaigaku zenshu
巻冊次 第三十三卷
出版元 改造社
刊行年月 1928-1933
ページ数 7冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
49004388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想