刹那哲學の建設

岩野泡鳴 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 藝術化すべき哲學の諸問題 / (1)
  • 第一章 人生としての國家 / (1)
  • 第二章 哲學と進化論と刹那主義 / (19)
  • 第三章 『神になる意志』の不徹底 / (36)
  • 第四章 功利主義の考察 / (50)
  • 第五章 觀察點の轉換 / (64)
  • 第二篇 刹那主義の倫理道德觀 / (82)
  • 第一章 道德の實質 / (82)
  • 第二章 戀愛を中心として見た道德 / (106)
  • 第三章 力の實現に歸する愛情觀 / (124)
  • 第四章 純全生活論 / (133)
  • 第三篇 新藝術を建設する理論 / (147)
  • 第一章 文藝に於ける肉靈合致と自我獨存 / (147)
  • 第二章 破壞的主觀と描寫の根本 / (161)
  • 第三章 新審美學の建設と古典主義の時代後れ / (173)
  • 第四章 情緖主義を排す / (185)
  • 第五章 物質的描寫論を難ず / (199)
  • 第六章 破ファウスト / (215)
  • 第七章 藝術上の眞劒 / (226)
  • 第四篇 發想論上に於ける洞察 / (234)
  • 第一章 新發想論 / (234)
  • 第二章 散文詩問題 / (249)
  • 第三章 邦語の發想力 / (267)
  • 第四章 無内容の禪學竝に禪學論 / (293)
  • 第五篇 自由思想の戰鬪 / (300)
  • 第一章 哲學硏究者等の迂愚 / (300)
  • 第二章 姊崎博士の貧弱 / (305)
  • 第三章 空虛な靈想 / (310)
  • 第四章 傳習と妥協癖 / (314)
  • 第五章 自由思想家とは? / (317)
  • 第六章 思想の獨立に就いて桑木博士へ / (322)
  • 第七章 若宮卯之助氏へ / (328)
  • 第八章 評論界の感傷家等 / (339)
  • 第九章 僕の神道論に就いて / (344)
  • 第六篇 記憶と忘念 / (362)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 刹那哲學の建設
著作者等 岩野 泡鳴
書名ヨミ セツナ テツガク ノ ケンセツ
書名別名 Setsuna tetsugaku no kensetsu
出版元 隆文館
刊行年月 1920.10
ページ数 388p
大きさ 20cm
NCID BN04598515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21374695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想