日本に於ける國防と經濟

池田純久 述

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前言 / 1
  • 第一 明治時代 / 4
  • イ 日本の危機と自由主義經濟の誕生 / 4
  • ロ 日淸戰爭と其の戰後經營 / 7
  • ハ 日露戰爭 / 8
  • ニ 明治時代の企業精神 / 12
  • ホ 日露戰爭後の經營 / 14
  • 第二 大正時代より滿洲事變迄 / 17
  • イ 槪觀 / 17
  • ロ 世界大戰と日本經濟 / 17
  • ハ 世界經濟 / 21
  • ニ 世界經濟の不況對策 / 22
  • 一 緊縮政策 / 22
  • 二 產業合理化政策 / 23
  • 三 高關稅政策とダンビング / 24
  • 四 ブロツク經濟 / 25
  • 五 時局匡救と軍備擴張 / 27
  • ホ 統制經濟の出現 / 28
  • 第三 滿洲事變より現在に至る / 30
  • イ 滿洲事變 / 30
  • ロ 國防國家建設 / 30
  • ハ 日滿經濟機構問題 / 32
  • ニ 滿洲事變後の經濟事情 / 36
  • ホ 重工業及化學工業の進展 / 37
  • ヘ 滿洲に於ける重工業 / 42
  • ト 統制經濟本格化 / 44
  • チ 大東亞戰勃發 / 45
  • リ 大東亞戰後の財政經濟 / 47
  • ヌ 滿洲の經濟事情 / 53
  • 第四 國防經濟の本質 / 55
  • イ 自由主義經濟と統制經濟 / 55
  • ロ 國防と統制經濟 / 57
  • ハ 統制經濟運營上の要諦 / 59
  • 一 新經濟理念の確立 / 60
  • 二 綜合計畫の合理性 / 61
  • 三 經營の自主性(統制會理念) / 61
  • ニ 國民性と機構 / 63
  • ホ 滿洲特殊會社論 / 70
  • ヘ 官界新體制 / 80
  • ト 株式會社、營團 / 83
  • チ 生產擴充 / 85
  • リ 戰費調達、インフレーシヨン / 87
  • ヌ アメリカ經濟の弱體 / 89
  • 結言 / 99
  • 附圖
  • 一、日滿經濟機構圖
  • イ 理論研究
  • ロ 實際經過
  • 二、歲出總額及軍事費一覽圖

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本に於ける國防と經濟
著作者等 池田 純久
書名ヨミ ニホン ニ オケル コクボウ ト ケイザイ
書名別名 Nihon ni okeru kokubo to keizai
出版元 建国大学
刊行年月 1943.10
ページ数 99p
大きさ 21cm
全国書誌番号
20620115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想