刑法研究  第1

牧野英一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 共犯の基礎觀念 / 1
  • 序論 / 1
  • 第一節 刑法理論發展の大勢 / 2
  • 第二節 共犯に關する理論の發展 / 6
  • 第三節 刑法に於ける共犯論の地位 / 13
  • 第四節 立法問題としての共犯論と和釋問題としての共犯論 / 17
  • 第一章 法律現象としての共犯 / 18
  • 第一節 共犯理論の大綱 / 19
  • 第二節 共犯の種別 / 29
  • 第三節 共犯の主觀的要件 / 34
  • 第四節 共犯の客觀的要件 / 37
  • 第二章 社會現象としての共犯 / 41
  • 一 序言 / 41
  • 二 犯罪現象に於ける共犯の作用 / 42
  • 三 共犯統計 / 46
  • 四 從犯減輕否認論及び共犯加重論 / 50
  • 餘論 / 52
  • 第二 共犯の從屬性の文理的基礎 / 53
  • 一 共犯の從屬性の意義 / 55
  • 二 共犯に關する規定の變遷 / 61
  • 三 從屬性說と主觀主義 / 69
  • 四 從屬性の合理的說明及び法律的構成 / 74
  • 五 從屬性が認めらるるに至れる心理的理由 / 85
  • 六 共犯の獨立性を主張する學說 / 94
  • 七 結論 / 101
  • 第三 共同正犯に就て / 104
  • 第四 共同正犯の『共同』と行爲の觀念 / 117
  • 第五 敎唆犯の犯罪箇數 / 121
  • 第六 敎唆犯の場所 / 138
  • 第七 刑法第五四條第五五條と主觀說 / 142
  • 一 法益說の批評 / 142
  • 二 行爲說の批評 / 152
  • 三 主觀說の比評 / 156
  • 四 想像的競合と主觀說 / 157
  • 五 牽連犯と主觀說 / 162
  • 六 連續犯と主觀說 / 167
  • 七 餘論 / 169
  • 第八 連續犯に於ける行爲の單複 / 172
  • 第九 所謂同種類の想像的競合と刑法第五四條 / 183
  • 第十 財產侵害罪と被害法益の箇數 / 197
  • 第十一 牽連犯の牽連性 / 206
  • 第十二 敎唆の從屬性と牽連犯 / 215
  • 第十三 牽連犯の要件 / 219
  • 第十四 方法の錯誤 / 222
  • 第十五 方法の錯誤と傷害罪 / 249
  • 第十六 法律の不知 / 257
  • 第十七 法律の錯誤と犯意との關係 / 266
  • 第十八 法律の錯誤と法定犯 / 289
  • 第十九 犯意の觀念の一適用(秩序紊亂罪の犯意) / 311
  • 第二十 不動產の窃盜 / 314
  • 第廿一 無體物に對する窃盜罪の成立 / 322
  • 第廿二 無體物に對する窃盜罪の成立(補遺) / 337
  • 第廿三 刑法の解釋方法に付て / 360

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 刑法研究
著作者等 牧野 英一
書名ヨミ ケイホウ ケンキュウ
巻冊次 第1
出版元 有斐閣
刊行年月 1919.4
ページ数 385p
大きさ 23cm
全国書誌番号
78007668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想