電弧炉製鋼法

伊藤専治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第1篇 電氣爐の變遷とその將來性 / 1
  • 第I章 電氣鋼の沿革 / 1
  • 第II章 電気爐の特性 / 6
  • 第III章 現電氣鋼界の觀察 / 9
  • 第IV章 鋼の主要なる性質 / 10
  • 第2篇 電氣爐に於ける使用材料 / 17
  • 第I章 酸性耐火材料 / 23
  • 第II章 鹽基性耐火物 / 30
  • 第III章 中性耐火材料 / 33
  • 第IV章 熔劑と加炭劑 / 35
  • 第V章 合金鐵 / 40
  • 第VI章 屑鐵 / 47
  • 第3篇 電孤爐-總論 / 50
  • 第I章 電氣に依る加熱方法 / 50
  • 第II章 電孤爐の種類 / 53
  • 第III章 電孤爐に對する電氣供給 / 58
  • 第IV章 電極 / 60
  • 第V章 直接電孤爐の熱效率 / 66
  • 第4篇 エルー式爐 / 71
  • 第I章 6瓲級エルー爐 / 72
  • 第II章 大型エルー爐 / 80
  • 第5篇 他種の直接電孤爐 / 83
  • 第I章 傳導床爐の一般形狀 / 83
  • 第II章 グリーブス・エッチェル爐(Greaves‐Etchells) / 86
  • 第III章 ムーア"ラピッド・レクトロメルト爐"(Moore"Rapid Lectromelt") / 90
  • 第IV章 直接電孤爐の他形態 / 92
  • 第6篇 冷材熔解法 / 103
  • 第I章 熔滓構成物の裝入 / 104
  • 第II章 熔解 / 105
  • 第III章 除滓 / 107
  • 第IV章 脫酸期 / 107
  • 第V章 豫備加炭 / 108
  • 第VI章 加炭後に於ける荒湯の沈靜 / 110
  • 第VII章 白熔滓 / 110
  • 第VIII章 熔滓作業の終局 / 116
  • 第IX章 化學成分の計算 / 118
  • 第X章 溫度の調整と出鋼 / 138
  • 第7篇 鹽基性電氣爐の化學作用 / 143
  • 第I章 酸化期 / 144
  • 第II章 脫酸期 / 153
  • 第8篇 冷屑鐵法-熔解作業上の變化 / 177
  • 第I章 完全なる酸化による熔解 / 177
  • 第II章 局部酸化による熔解 / 184
  • 第III章 酸化無しの熔解 / 188
  • 第9篇 特殊鋼と特殊合金 / 193
  • 第I章 冷材法による特殊鋼の製法 / 196
  • 第II章 特殊クローム鋼及び特殊ヴァナヂウム鋼の熔解 / 201
  • 第III章 特ニッケル鋼及びクロームニッケル鋼の熔解 / 205
  • 第10篇 熔材法 / 210
  • 第I章 裝入と製滓 / 211
  • 第II章 脫酸と出鋼 / 213
  • 第III章 ベセマー吹き鋼の製鍊 / 219
  • 第IV章 三重法 / 222
  • 第11篇 電氣鋼の注入作業 / 224
  • 第I章 注入の機構 / 224
  • 第II章 鑄型の設計 / 231
  • 第III章 上注ぎ法と下揚げ注入法 / 235
  • 第IV法 冷注入 / 239
  • 第12篇 鹽基性電氣鋼の特性 / 243
  • 第I章 電氣鋼の化學成分 / 244
  • 第II章 燐,硫黃の許容量 / 245
  • 第III章 電氣鋼中の不純物としての非金屬 / 248
  • 第IV章 電氣鋼中の瓦斯 / 254
  • 第13篇 酸性熔解法 / 258
  • 第I章 酸性法の一般狀態 / 359
  • 第II章 熔解と製鍊 / 262
  • 第III章 酸性法の化學作用 / 264
  • 第IV章 酸性鋼と鹽基性鋼 / 271
  • 附錄 鋼の熱處理 / 276
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 電弧炉製鋼法
著作者等 伊藤 専治
書名ヨミ デンコロ セイコウホウ
出版元 科学主義工業社
刊行年月 1940
ページ数 282p 図版 表
大きさ 22cm
NCID BA3405902X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62005809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想