刑事学の新思潮と新刑法

牧野英一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 刑事學の新思潮と新刑法 / 1
  • 緖論 / 1
  • 第一章 新刑法と罪刑法定主義 / 7
  • 第一 新刑法は罪刑法定主義に關する明文を缺く / 7
  • 第二 罪刑擅斷主義と祕密法主義 / 10
  • 第三 罪刑擅斷主義の功過 / 24
  • 第四 罪刑法定主義とフランス大革命 / 33
  • 第五 新刑法と刑法の解釋 / 39
  • 第二章 新刑法と刑罰個別主義(一) / 55
  • 第一 刑法理論革新の實際的原因 / 55
  • 第二 監獄改良論より新派への轉移 / 60
  • 第三 應報刑主義と目的刑主義 / 83
  • 第四 犯罪主義と犯人主義 / 90
  • 第五 犯罪の進化論的意義 / 104
  • 第六 主觀主義に對する非難 / 122
  • 第三章 新刑法と罪刑法定主義(二) / 139
  • 第一 新刑法の舊刑法に對する特色 / 139
  • 第二 裁判上の刑罰個別主義 / 147
  • 第三 刑罰裁量の標準 / 156
  • 第四 責任及び責任能力の觀念 / 166
  • 第五 刑罰個別主義の變遷 / 187
  • 第四章 新刑法と刑事政策 / 188
  • 第一 刑事政策の觀念 / 188
  • 第二 刑罰制度の改良 / 191
  • 第三 刑の執行猶豫、微罪不檢擧、免囚保護 / 202
  • 第四 特殊犯罪人に對する刑事政策 / 210
  • 第五 保安處分 / 231
  • 第六 犯罪搜查の科學的方法、犯罪に因る損害の賠償 / 239
  • 第七 一般豫防政策 / 252
  • 第五章 新刑法と其の運用 / 261
  • 第一 裁判官の法律に對する地位 / 261
  • 第二 裁判官の修養問題 / 269
  • 第三 刑法の運用に關する社會の任務 / 279
  • 第四 各國の刑事統計の一班 / 283
  • 結論 / 294
  • 民事責任と刑事責任との分化を論じて刑法の基礎觀念に及ぶ / 297
  • 『善良の風俗』と目的刑 / 309
  • 刑事政策と勞働問題 / 355
  • 法學者より見たるチヱーザレ・ロムブローゾ / 384
  • フランス刑法の發達 / 417
  • 陪審問題と社會の進化 / 437

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 刑事学の新思潮と新刑法
著作者等 牧野 英一
書名ヨミ ケイジガク ノ シンシチョウ ト シンケイホウ
書名別名 Keijigaku no shinshicho to shinkeiho
出版元 有斐閣
刊行年月 1925
版表示 8版
ページ数 479p
大きさ 23cm
NCID BA41174323
BN01653887
BN06410328
BN07136618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51009033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想