法と民族

木村亀二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 法と民族 / 1
  • 一 戰爭の形而上學 / 3
  • 二 人種・民族・文化 / 23
  • 三 國民優生法の問題 / 40
  • 四 民族と文化科學 / 53
  • 五 サヴィニーと歷史的法律觀 / 84
  • 六 ヘーゲルとサヴィニー / 96
  • 七 法律學に於ける「民族精神」の再生 / 108
  • 八 法律學に於ける日本的なるもの / 119
  • 第二部 犯罪・刑罰及び刑法 / 135
  • 九 社會問題としての犯罪 / 137
  • 一〇 戰爭と犯罪 / 153
  • 一一 ニーチェの犯罪及び刑罰觀 / 170
  • 一二 法律的責任と道德的責任 / 188
  • 一三 死刑論 / 201
  • 一四 罪刑法定主義の再檢討 / 222
  • 一五 刑法に於ける全體主義 / 242
  • 第三部 法律哲學の諸問題 / 267
  • 一六 全體主義の檢討 / 269
  • 一七 パスカルの法律思想 / 281
  • 一八 共同體的自然法論の意義と價値 / 298
  • 一九 ケルゼンの自然法否定の理論 / 316
  • 二〇 法律學と政治との交涉 / 346
  • 二一 現代法律哲學の主潮 / 370
  • 二二 現代ドイツ法律哲學の傾向 / 397
  • 二三 法律哲學 / 421

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 法と民族
著作者等 木村 亀二
書名ヨミ ホウ ト ミンゾク
書名別名 Ho to minzoku
出版元 日本評論社
刊行年月 1943
版表示 4版
ページ数 459p
大きさ 23cm
NCID BN05882445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51008234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想