「イエリング」法律目的論  I

イエリング 著 ; 和田小次郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者緒言
  • エーレンベルクの序言
  • 著者序文
  • 第一章 目的律 / 8
  • 第二章 人間に於ける目的問題の起點としての動物に於ける目的觀念 / 22
  • 第三章 他人の目的に奉仕する利己主義 / 26
  • 第四章 沒我行爲の問題 / 35
  • 第五章 利已的自己主張の目的 / 44
  • 第六章 他人若くは社會に依る生活とそのための生活 / 53
  • 第七章 報償 / 63
  • 1)好意は取引目的のために不充分なり / 67
  • 2)有償の原理 / 77
  • 3)報償 / 84
  • 4)等價 / 87
  • 5)職業 / 92
  • 6)信用 / 103
  • 7)理想的報償とその經濟的報償との結合 / 119
  • 8)共同 / 136
  • 第八章 强制 / 150
  • 1)動物 / 153
  • 2)人間-力の自己調節 / 155
  • 個人的目的 / 167
  • 3)人格と財產-消極的强制 / 167
  • 4)家族-積極的强制 / 170
  • 5)契約-履行の强制 / 171
  • ローマ法に於ける例證 / 175
  • 社會的目的 / 190
  • 6)組合に於ける强制の自己調節 / 190
  • 7)公共團體 / 195
  • 8)國家-社會からの分離 / 202
  • 9)國家權力 / 205
  • 10)法律-强制がその條件なること / 210
  • 11)法律-規範てふ要素 / 217

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「イエリング」法律目的論
著作者等 Jhering, Rudolf von
和田 小次郎
イエリング
書名ヨミ イエリング ホウリツ モクテキロン
書名別名 早稲田法学 別冊 第2,6巻
巻冊次 I
出版元 早稲田大学法学会
刊行年月 1930-1935
ページ数 2冊
大きさ 23cm
NCID BN11893402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60006423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想