現代法学全集  第六卷

末弘厳太郎 等編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 債權總論(二)…末弘嚴太郞 / 1
  • 手形法(一)…田中耕太郞 / 73
  • 少年法(完)…岩村通世 / 241
  • 山林法(完)…薗部一郞 / 317
  • 判例小話(四)…穗積重遠 / 411
  • 目次
  • 第五章 債權の擔保 / 67
  • 第一節 總論 / 67
  • 第二節 債權者代位權と債權者取消權 / 74
  • 第三節 留置權 / 98
  • 第四節 先取特權 / 110
  • 目次
  • 第一編 總論
  • 第一章 手形法序說 / 1
  • 第一節 緖論 / 1
  • 第二節 手形の經濟的作用 / 8
  • 第三節 手形法學の任務及び對象 / 18
  • 第四節 手形法の法律體系中に於ける地位 / 22
  • 第五節 手形制度の沿革槪觀 / 41
  • 第六節 參考書 / 57
  • 第二章 總則論 / 58
  • 第一節 手形の槪念 / 58
  • 第二節 手形行爲 / 71
  • 第三節 手形上の權利 / 110
  • 第四節 僞造變造の手形及び之に關する行爲、手形の抹消、毀損及び喪失 / 134
  • 第五節 手形の實質關係 / 142
  • 目次
  • 緖言
  • 總論 少年法の内容
  • 第一章 少年の年齢 / 4
  • 第二章 犯罪及び準犯罪の意義 / 5
  • 第三章 保護の意義 / 5
  • 第四章 少年に關する刑法、刑事訴訟法及び監獄法の特別規定 / 6
  • 各論 保護規定及び刑事規定
  • 第一章 保護規定 / 7
  • 第一節 保護處分を加ふる機關 / 7
  • 第二節 保護處分の内容 / 9
  • 第三節 保護處分を受くる少年 / 12
  • 第四節 保護を要する少年を認知する方法 / 14
  • 第五節 審判に關する手續 / 16
  • 第六節 人の資格に關する保護規定 / 29
  • 第二章 刑事規定 / 31
  • 第一節 少年に對する特別刑法 / 31
  • 第二節 少年に對する特別刑事訴訟法 / 36
  • 第三節 少年に對する特別監獄法 / 40
  • 附錄 參照法令
  • 一 少年法 / 41
  • 二 少年審判所設置ノ件 / 51
  • 三 少年保護司執務心得 / 52
  • 四 執行猶豫少年取扱規程 / 53
  • 五 假出獄少年取締規則 / 54
  • 六 少年審判所ノ費用規則 / 55
  • 七 矯正院法 / 56
  • 八 矯正院官制 / 58
  • 九 矯正院處遇規程 / 59
  • 十 感化法 / 65
  • 十一 國立感化院令 / 67
  • 十二 復權令 / 68
  • 十三 裁判所構成法第二條、第五十條、第七十二條 / 69
  • 十四 陸軍刑法第八條、第九條 / 69
  • 十五 海軍刑法第八條、第九條 / 70
  • 目次
  • 緖言 / 1
  • 第一章 立木 / 4
  • 第一節 「物」としての立木の性質 / 5
  • 第二節 立木法に所謂立木の法律上の性質 / 13
  • 第三節 立木法以外の立木の法律上の性質 / 19
  • 第二章 入會權 / 26
  • 第一節 入會權の本質 / 27
  • 第二節 入會權の主體は住民なりや、村落なりや / 33
  • 第三節 共有的入會權と地役的入會權の區別 / 36
  • 第三章 森林法 / 41
  • 第一節 總則 / 42
  • 第二節 營林の監督 / 49
  • 第三節 保安林及開墾の制限 / 53
  • 第四節 森林警察 / 64
  • 第五節 土地の使用及收用 / 68
  • 第六節 森林組合 / 74
  • 第七節 森林刑法 / 79
  • 目次
  • 第一四話 持廻り決議 / 29
  • 第一五話 鶴屋といふ商標 / 31
  • 第一六話 湖面を高めない義務 / 32
  • 第一七話 フイルム火事 / 35
  • 第一八話 怪しからん番頭 / 37
  • 第一九話 寄附金の著服 / 39

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代法学全集
著作者等 末弘 厳太郎
書名ヨミ ゲンダイ ホウガク ゼンシュウ
巻冊次 第六卷
出版元 日本評論社
刊行年月 1928-1931
ページ数 14冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
49008476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想