正義と貧民  (其一)

Reginald Herber Smith 著 ; 司法省調査課 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文 Elihu Root / (1)
  • 序言 Henry S.Pritchett,President of the Carnegie Foundation / (3)
  • 第一篇 現在に於ける貧民に對する正義の拒否 / (13)
  • 第一章 正義享有の自由と平等-理想 / (13)
  • 第二章 正義の拒否-現實 / (19)
  • 第三章 正義の實施に就きての缺陷 / (36)
  • 第一節 冒頭に於ける定義 / (37)
  • 第二節 實體法 / (38)
  • 第三節 實施の點に於ける缺陷 / (42)
  • 第四節 缺陷の摘示 / (45)
  • 第四章 第一の缺點-遲延 / (47)
  • 第一節 遲延に依る正義の否定 / (47)
  • 第二節 遲延の性質 / (50)
  • 第三節 遲延の防遏 / (53)
  • 第五章 第二の缺點-裁判費用及ひ報酬 / (54)
  • 第一節 費用及ひ報酬の性質及ひ沿革 / (56)
  • 第二節 現在の實情 / (62)
  • 第三節 事實裁判所に於ける費用 / (66)
  • 第四節 上訴裁判費用 / (73)
  • 第五節 證人費用事實要領書證言調書謄寫費用 / (74)
  • 第六節 訴訟費用に因る正義の否定 / (77)
  • 第七節 結論 / (83)
  • 第六章 第三の缺點-辯護士に要する費用 / (83)
  • 第一節 辯護士の職務の必要的性質 / (84)
  • 第二節 貧民の辯護料支拂の不能 / (88)
  • 第三節 辯護士の報酬は根本的難問なり / (90)
  • 第二篇 法律の實施を今一層平等ならしめんことを目的とする機關 / (92)
  • 第七章 救濟機關の性質及ひ地位 / (92)
  • 第一節 序言 / (92)
  • 第二節 機關の分類 / (96)
  • 第三節 之等の機關を評價すへき標準 / (97)
  • 第八章 少額裁判所 / (100)
  • 第一節 普通法上の機關の不充分 / (100)
  • 第二節 カンサス少額裁判所 / (108)
  • 第三節 ポートランド少額裁判所 / (115)
  • 第四節 クリイブランド少額裁判所 / (119)
  • 第五節 シカゴ少額裁判所 / (128)
  • 第六節 將來に於ける少額裁判所 / (131)
  • 第七節 從屬的機能 / (140)
  • 第九章 調停 / (150)
  • 第一節 定義 / (151)
  • 第二節 沿革 / (153)
  • 第三節 歐洲に於ける調停 / (155)
  • 第四節 合衆國に於ける調停 / (158)
  • 第五節 調停の特徵 / (165)
  • 第六節 調停の將來 / (167)
  • 第十章 仲裁 / (169)
  • 第一節 仲裁の濫觴 / (170)
  • 第二節 裁判上の仲裁 / (178)
  • 第三節 裁判上の仲裁の將來 / (180)
  • 第四節 要約 / (181)
  • 第十一章 家庭裁判所 / (182)
  • 第一節 現在の狀態 / (182)
  • 第二節 刑事上の救濟方法の使用の增加 / (186)
  • 第三節 家庭裁判所の特徵 / (190)
  • 第四節 家庭事件に於ける調停 / (201)
  • 第五節 將來の發展 / (203)
  • 第十二章 行政的審判所 / (205)
  • 第一節 勞働者賠償法の下に於ける訴訟の遲延と費用 / (207)
  • 第二節 賠償法事件に於ける辯護士 / (210)
  • 第三節 行政的審判所の將來 / (224)
  • 第四節 國内交通委員會 / (228)
  • 第五節 要約 / (232)
  • 第十三章 行政的官廳 / (233)
  • 第一節 定義 / (233)
  • 第二節 行政的官廳に依る一般的保護 / (234)
  • 第三節 訴訟に關する行爲 / (236)
  • 第四節 行政的官廳に依る賃金の取立 / (237)
  • 第五節 將來の發展 / (244)
  • 第十四章 官選辯護士 / (246)
  • 第一節 民事事件に於ける辯護士の官選 / (247)
  • 第二節 離婚事件に於ける辯護士の官選 / (252)
  • 第三節 刑事事件に於ける辯護士の官選 / (253)
  • 第十五章 刑事事件に於ける辯護人 / (256)
  • 第一節 冒頭定義 / (258)
  • 第二節 此制度の必要の有無 / (261)
  • 第三節 現在の制度 / (262)
  • 第四節 官選辯護士制度 / (273)
  • 第五節 辯護人制度の骨子 / (281)
  • 第六節 辯護人及ひ其事業 / (286)
  • 第七節 辯護人の其他の效果 / (299)
  • 第八節 下級裁判所に於ける辯護人 / (306)
  • 第九節 辯[護]人の將來の發展 / (313)
  • 第十六章 法律扶助團體 / (314)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 正義と貧民
著作者等 Smith, Reginald Heber
Smith, Reginald Herber
司法省
司法省大臣官房調査課
司法省調査課
Reginald Herber Smith
書名ヨミ セイギ ト ヒンミン
書名別名 Seigi to hinmin
シリーズ名 司法資料 ; 第87-88号
巻冊次 (其一)
出版元 司法省調査課
刊行年月 1926
ページ数 2冊
大きさ 22cm
NCID BN1118041X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60004202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想