マルクス=エンゲルス全集  第八卷

改造社 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 剩餘價値學說史 第一卷(マルクス)…向坂逸郞譯 / 7
  • 序文 / 9
  • 第一章 重農主義者とその二三の先行者及び同時代の人々 / 22
  • 一、サー・ウィリアム・ペティ / 22
  • 二、チャールズ・ダヴナント / 33
  • 三、サー・ダッドレイ・ノースとジョン・ロック / 36
  • 四、ダビット・ヒュームとジョセフ・マッシィ / 46
  • 五、サー・ジェームス・スチュアート / 53
  • 六、重農主義者の體系の一般的特質 / 57
  • 七、チュルゴー / 72
  • 八、フェルディナンド・パオレッティとピエトロ・ヴェリ / 81
  • 九、アダム・スミスの重農主義的見解。彼の飜譯者、ゼルマン・ガルニエー / 84
  • 一〇、テオドール・アントン・ハインリッヒ・シュマルツとダラーフ・ド・ビュアー / 89
  • 一一、イギリスの一重農主義者 / 91
  • 一二、ネッカー / 97
  • 一三、ランゲ / 101
  • 一四、ケネーの『經濟表』による社會的總資本の再生產と流通 / 110
  • 『經濟表』への附錄 / 117
  • 一、表に於ける最初の二つの流通行爲 / 117
  • 二、土地所有者と借地農業者との間の流通 / 118
  • 三、最後の流通行爲 / 122
  • 四、資本家と勞働者の間の流通 / 125
  • 五、流通に必要なる貨幣量 / 131
  • 六、商品の賣られる前に勞働賃銀が前貸されるといふ事からする資本利調の說明 / 142
  • 第二章 アダム・スミスと生產的勞働の槪念 / 151
  • 一、アダム・スミスの勞働による價値の決定 / 151
  • 二、剩餘價値の發源 / 161
  • (a)利潤 / 161
  • (b)地代 / 167
  • (c)資本利子 / 168
  • (d)租稅 / 170
  • (e)重農主義者を超えたるスミスの進步 / 170
  • (f)ヨリ多くの勞働とヨリ少き勞働との交換 / 173
  • (g)剩餘價値と利潤との混同 / 176
  • 三、資本及び土地所有、價値の源泉 / 180
  • 四、價格の勞働賃銀、利潤及び地代への分解 / 186
  • (a)これに關するアダム・スミスの議論 / 186
  • (b)他の著述家のこれに關する議論 / 194
  • 附錄 / 201
  • (一)、全資本の勞働賃銀及び利潤への分解の問題の硏究 第一設問 / 201
  • (二)、問題の更に進める硏究、第二の設問 / 220
  • (三)、資本と資本の間の交換及びこれに對する價値變動の影響 / 244
  • (四)、收入と資本の交換 / 256
  • 五、生產的勞働と不生產的勞働 / 277
  • (a)資本を生產する勞働としての生產的勞働の定義 / 277
  • (b)商品を生產する勞働としての生產的勞働の定義 / 284
  • (c)スミスの定義に對する論爭 / 307
  • (d)アダム・スミスの前後に於ける生產的勞働に關する二三の見解 / 309
  • (α)僧侶 / 312
  • (β)商人と小商人 / 313
  • (γ)辯護士、醫師、役人等々 / 314
  • (δ)貧民、失業者 / 314
  • (e)ゼルマン・ガルニエー / 318
  • (f)ガニール / 330
  • (g)ガニールとリカードの總收入及び純收入論 / 344
  • (h)フエリエー、スミスの資本蓄積論、生產的勞働の新なる定義 / 361
  • (i)ラウダデールとセイ / 376
  • (j)デテユ・ドウ・トラシイ、利潤の成立 / 382
  • (k)ハインリヒ・シユトルヒ、精神的生產 / 401
  • (l)ウイリアム・ナツサウ・シーニヨア / 408
  • (m)ペレグリノ・ロツシイ / 415
  • (n)トーマス・チヤルマーズとアダム・スミスの二三の見解 / 425
  • 附錄 生產的勞働の槪念 / 429
  • 人名索引 / 451
  • 凡例 / 461
  • 解說 / 462

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス=エンゲルス全集
著作者等 Engels, Friedrich
Marx, Karl
改造社
書名ヨミ マルクス エンゲルス ゼンシュウ
巻冊次 第八卷
出版元 改造社
刊行年月 1929-1931
ページ数 5冊 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
49008689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想