酸性白土

小林久平 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 總說 / 1
  • 第一章 酸性白土の名稱に就て / 1
  • 第二章 事業の沿革 / 5
  • 第三章 產額及び價格 / 14
  • 第四章 製造法及び製造現況 / 20
  • 第五章 酸性白土の一般性狀特性 / 29
  • 第六章 各國に於ける酸性白土の用途 / 31
  • 第二編 產地・地質及び成因 / 36
  • 第一章 日本酸性白土 / 36
  • 第二章 英國フーラース・アース / 60
  • 第三章 米國フロリダ・アース / 64
  • 第四章 獨逸、濠洲其他のフーラース・アース / 71
  • 第三編 性質・作用及び理論 / 74
  • 第一章 物理學的性質 / 74
  • 第二章 化學的成分及び構造式 / 87
  • 第三章 吸著作用と吸著力試驗法 / 107
  • 第四章 色素に對する作用と染色理論 / 124
  • 第五章 脫色效力に關する學說 / 137
  • 第六章 吸濕性と其應用 / 140
  • 第七章 酸性反應及び其理論 / 142
  • 第八章 酸化酵素的作用 / 176
  • 第九章 蔗糖の轉化作用 / 186
  • 第一〇章 肝油類、市販ヴィタミンA其他に對する呈色反應 / 189
  • 第一一章 重合、縮合、觸媒、分解及び加水分解作用 / 195
  • 第四編 試驗及び鑒識法 / 198
  • 第一章 一般試驗法 / 198
  • 第二章 評價方法 / 210
  • 第五編 コロイド壤土及び酸性土壤 / 217
  • 第一章 コロイド壤土 / 217
  • 第二章 酸性白土と酸性土壤 / 222
  • 第六編 石油工業と酸性白土 / 230
  • 第一章 脫色、精製に關する應用試驗 / 230
  • 第二章 石油濾別試驗 / 242
  • 第三章 人造石油 / 251
  • 第四章 石油分解法に酸性白土の應用 / 277
  • 第五章 天然瓦斯よりガソリンの採取 / 281
  • 第六章 石油脫色劑の變遷 / 283
  • 第七章 石油工場に於ける酸性白土の應用 / 293
  • 第七編 油脂工業と酸性白土 / 304
  • 第一章 脫色、精製に關する應用試驗 / 304
  • 第二章 ヒルツェル氏白土應用裝置 / 322
  • 第三章 油脂脫色作用と加水分解作用 / 325
  • 第八編 芳香油と酸性白土 / 333
  • 第一章 テレピン油に對する作用と其應用 / 333
  • 第二章 樟腦白油及び藍色樟腦油 / 336
  • 第三章 テレピン油より龍腦の生成 / 340
  • 第四章 新有機溶劑ソルベンチン / 343
  • 第五章 コーパル油の新利用法 / 347
  • 第九編 他方面に對する酸性白土の應用 / 349
  • 第一章 木材乾餾工業 / 349
  • 第二章 コールター蒸餾生成品 / 351
  • 第三章 糖業及び製飴業と酸性白土 / 354
  • 第四章 釀造業と酸性白土 / 355
  • 第五章 鹽類精製に酸性白土の應用 / 360
  • 第六章 レーキ顏料 / 361
  • 第七章 濾過淨水劑 / 363
  • 第八章 ヴィタミンBの吸著劑 / 368
  • 第九章 アルカロイドの吸著劑 / 373
  • 第一〇章 脫水縮合劑として酸性白土の應用 / 376
  • 第一一章 空氣乾燥劑アドソール / 378
  • 第一二章 古新聞紙漂白劑ケラモコール / 382
  • 第一三章 其他の應用 / 383
  • 補遺 / 388
  • 第一 事業・工場・產額及び價格 / 388
  • 第二 製造法及び活性化法 / 393
  • 第三 產地・地質及び成因 / 397
  • 第四 物理化學的性質 / 402
  • 第五 酸性白土の本體 / 414
  • 第六 酸性白土の各種作用 / 418
  • 第七 酸性反應を呈する理論 / 422
  • 第八 ヴィタミンBに對する吸著 / 426
  • 第九 カロチンに對する呈色反應竝にカロチンの抽出 / 427
  • 第一〇 縮合・脫水作用の應用 / 432
  • 第一一 瓦斯工業と酸性白土 / 433
  • 第一二 石油工業と酸性白土 / 435
  • 第一三 油脂工業と酸性白土 / 442
  • 第一四 芳香油と酸性白土 / 443
  • 第一五 糖業及び製飴業と酸性白土 / 444
  • 第一六 乾燥用及び濾過淨水用 / 445
  • 第一七 醫藥と酸性白土 / 447
  • 第一八 人造色素レーキ顏料 / 451
  • 第一九 其他の應用 / 454
  • 第二〇 市販酸性白土の品位鑒定法 / 458
  • 第二一 本邦含油地層と酸性白土の關係 / 465
  • 第二二 本邦石油成因說 / 467
  • 第一〇編 參考資料 / 475
  • 第一章 酸性白土に關係ある特許 / 475
  • 第二章 酸性白土に關する文獻 / 486
  • 第三章 「酸性白土」論文要旨 / 492
  • 第四章 米國フーラース・アースに關する最近の報告 / 498
  • 文獻補遺 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 酸性白土
著作者等 小林 久平
書名ヨミ サンセイ ハクド
書名別名 Sansei hakudo
出版元 丸善
刊行年月 1932 4版
版表示 2訂増補版
ページ数 500p 図版
大きさ 23cm
NCID BA30197054
BA31373389
BA50741683
BN14218632
BN15011298
BN15021983
BN15502063
BN16090132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57011233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想