蘭印は動く : 現地報告

加藤鐐五郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 自序、凡例
  • 船出 / 1
  • 一、航行八日 / 7
  • 二、航行八日間 / 10
  • 三、マカツサー市 / 15
  • 四、スラバヤ市 / 25
  • 五、避暑地マラン / 32
  • 六、スラバヤ郊外 / 41
  • 七、舊王地ソロ市 / 48
  • 八、古都ジヨクジヤ / 52
  • 九、偉觀ボルボドルの佛蹟 / 56
  • 一〇、スマラン / 60
  • 一一、バタビア / 65
  • 一二、經濟相と語る / 70
  • 一三、「規那農園」を見る / 79
  • 一四、高原の文化都市バンドン / 82
  • 一五、ガロウよりスカブミへ / 88
  • 一六、油田を探ねてスマトラへ / 91
  • 一七、猛獸棲むジヤングル地帶 / 98
  • 一八、ジヤンビー市 / 109
  • 一九、世界の樂園バリー島 / 129
  • 二〇、再び[セレベス]へ / 156
  • 二一、メナド港 / 162
  • 戒嚴令下の蘭印瞥見 / 175
  • 政治談は一切差控へる / 175
  • 蘭印の人口・氣候 / 176
  • 蘭印は蕃地でない / 179
  • 蘭印の道路美 / 180
  • 夢の如き住宅美 / 183
  • 日本式の土人住宅 / 184
  • 水田と案山子 / 186
  • 豪華莊麗なホテル / 187
  • 土人の生活と川 / 189
  • スンダ美人 / 191
  • 土人の風俗性質 / 192
  • 街の中も跣足の巡査 / 193
  • 宗敎とボルボドールの偉觀 / 194
  • 土人は日本人其の儘 / 196
  • 奴隷生活に甘んずる土人 / 198
  • 發奮心と環境の關係 / 199
  • 日本人に最大敬意 / 201
  • 土人は無氣力 / 202
  • 華僑と蒋介石 / 203
  • 在留邦人は凡て國士型 / 205
  • 蘭印資源槪觀 / 207
  • 蘭印の石油問題 / 209
  • 戒嚴令下の武裝施設 / 210
  • 蘭印政府の肚と日蘭貿易關係 / 214
  • 傳統的な和蘭の中立態度 / 216

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蘭印は動く : 現地報告
著作者等 加藤 鐐五郎
書名ヨミ ランイン ワ ウゴク : ゲンチ ホウコク
出版元 国民新聞社出版部
刊行年月 1941
ページ数 218p
大きさ 19cm
NCID BA32393257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57013340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想