山部赤人

武田祐吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 5
  • 歌人赤人(一) / 11
  • 一 萬葉集時代 / 11
  • 二 家系と年代 / 17
  • 三 赤人の旅行 / 23
  • 四 赤人の妻 / 32
  • 作品淸賞(一) / 41
  • 卷の第三 / 41
  • 不盡の山を望める歌(三一七-三一八) / 41
  • 伊豫の溫泉に至りて作れる歌(三二二-三二三) / 50
  • 神岳に登りて作れる歌(三二四-三二五) / 56
  • 旅の歌(三五七-三六二) / 61
  • 春日野に登りて作れる歌(三七二-三七三) / 69
  • 故太政大臣藤原家の山池を詠める歌(三七八) / 74
  • 韓藍の歌(三八四) / 75
  • 勝鹿の眞間の娘子の墓を過ぎし時作れる歌(四三一-四三三) / 77
  • 歌人赤人(二) / 84
  • 一 人麻呂と赤人 / 84
  • 二 人麻呂の影響 / 88
  • 三 [和期]大王 / 101
  • 四 枕詞 / 106
  • 五 序歌 / 111
  • 作品淸賞(二) / 119
  • 卷の第六 / 119
  • 神龜元年十月五日紀伊の國に幸しし時作れる歌(九一七-九一九) / 119
  • 吉野の宮にて作れる歌(九二三-九二七) / 125
  • 難波の宮にて作れる歌(九三三-九三四) / 133
  • 播磨の國印南野に幸しし時作れる歌(九三八-九四一) / 138
  • 幸荷の島を過ぎし時作れる歌(九四二-九四五) / 145
  • 敏馬の浦を過ぎし時作れる歌(九四六-九四七) / 151
  • 難波の宮に幸しし時作れる歌(一〇〇一) / 155
  • 天平八年六月吉野の離宮に幸しし時作れる歌(一〇〇五-一〇〇六) / 157
  • 歌人赤人(三) / 162
  • 一 歌謠の形式 / 162
  • 二 應詔歌と漢詩の影響 / 170
  • 三 追憶思想 / 174
  • 四 自然と季節 / 184
  • 作品淸賞(三) / 199
  • 卷の第八 / 199
  • 春の雜歌(一四二四-一四二七、一四三一) / 199
  • 夏の雜歌(一四七一) / 205
  • 卷の第十七 / 207
  • 春鶯を詠める歌(三九一五) / 207

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山部赤人
著作者等 武田 祐吉
書名ヨミ ヤマベ アカヒト
シリーズ名 日本文学者評伝全書
出版元 青梧堂
刊行年月 1943
ページ数 209p
大きさ 19cm
NCID BN0870084X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54004051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想