数学は役に立っているか? : 数学が経済を動かす 日本企業篇

儀我美一, 小林俊行 編

トヨタ、武田薬品、NTT、日本生命、鉄道総研、野村ホールディングス、旭化成…経営トップが語る数学の重要性。社長になって初めてわかる、自社における数学の意義。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数学者とトヨタ自動車会長との対話「考えて考え抜くこと」
  • 金融の世界で数学が重要な理由
  • 生命保険経営は、数学に支えられている
  • 経営における数学の貢献、そして感謝
  • 数学的思考と経営ビジョン
  • 金融における数学の役割-リスクに関する応用数学
  • 数学は企業文化の原点
  • 経営の革新に貢献する数学
  • 数学への恩返し-下川フェローシップ
  • 鉄道システムの技術開発を支える数学
  • 数学は経営者にとって必須である
  • わが国石油・天然ガス開発産業における数学の役割
  • 企業における数学-数学は何を記述するか
  • 私と数学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学は役に立っているか? : 数学が経済を動かす 日本企業篇
著作者等 儀我 美一
小林 俊行
書名ヨミ スウガク ワ ヤク ニ タッテイルカ : スウガク ガ ケイザイ オ ウゴカス ニホン キギョウヘン
書名別名 Sugaku wa yaku ni tatteiruka
シリーズ名 シュプリンガー数学クラブ 第22巻
出版元 シュプリンガー・ジャパン
刊行年月 2010.12
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-431-10239-7
NCID BB04324184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21866562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想