裁判上の免刑論

岡田庄作 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總說 / 1
  • 第二章 刑ノ免除ノ本質(裁判官ノ職分ト刑ノ免除トノ關係其一) / 9
  • 第三章 裁判上恩赦制度ノ歷史的發達 / 23
  • 第一節 我國ノ歷史的發達 / 23
  • 第二節 獨逸ノ歷史的發達 / 30
  • 第一項 ゲルマン及フランク時代 / 30
  • 第二項 フランク時代ヨリカロリナ時代ニ至ル迄 / 37
  • 第三項 新時代 / 48
  • 第三節 結論 / 51
  • 第四章 裁判官ノ裁量權及裁量權ノ範圍(裁判官ノ職分ト刑ノ免除トノ關係其二) / 57
  • 第五章 君主ノ恩赦權ト裁判官ノ刑罰免除權トノ比較 / 77
  • 第六章 刑ノ執行猶豫ト刑ノ免除トノ比較 / 85
  • 第七章 刑罰ノ目的 / 93
  • 第一節 古主義ノ立脚點 / 97
  • 第二節 新主義ノ立脚點 / 103
  • 第三節 兩主義ノ比較 / 106
  • 第四節 結論 / 126
  • 第八章 各論 / 131
  • 第一節 總則的規定 / 131
  • 第一項 未遂犯 / 131
  • 第一目 純未遂 / 131
  • 第二目 中止 / 141
  • 第二項 從犯 / 143
  • 第三項 法律ノ不知 / 145
  • 第四項 心神障礙 / 148
  • 第一目 輕減責任能力 / 149
  • 第二目 喑唖者 / 152
  • 第五項 少年犯罪者 / 154
  • 第六項 急迫防衞行爲 / 163
  • 第七項 現在避難行爲 / 165
  • 第二節 各則的規定 / 169
  • 第一項 我國ノ刑法 / 169
  • 第二項 獨逸墺太利端西刑法草案 / 173
  • 第一目 無宣誓ノ僞證 / 173
  • 第二目 傷害 / 177
  • 第三目 近親相姦 / 180
  • 第四目 侮辱 / 182
  • 第五目 竊盜 / 185
  • 第六目 無免許漁業 / 187
  • 第七目 乞丐 / 189
  • 第八目 違警罪ノ特別ニ輕キ場合 / 191
  • 第九章 結論 / 193

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 裁判上の免刑論
著作者等 岡田 庄作
書名ヨミ サイバンジョウ ノ メンケイロン
書名別名 Saibanjo no menkeiron
出版元 岡田庄作
刊行年月 1920
ページ数 197p
大きさ 23cm
NCID BN05987487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53011446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想