島原半島昔話集

関敬吾 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 田蜷の聟 / 1
  • 二 蛙の聟 / 5
  • 三 一寸坊の聟 / 8
  • 四 爺と地藏 / 12
  • 五 鼠の國 / 14
  • 六 年晩の坊樣 / 15
  • 七 年晩と龜 / 17
  • 八 大歲の火 / 20
  • 九 蛇女房 / 21
  • 一〇 蛇聟入 / 30
  • 一一 蛙報恩 / 32
  • 一二 瓢箪と河童 / 34
  • 一三 鷲の卵 / 36
  • 一四 姥皮 / 38
  • 一五 蛤女房 / 42
  • 一六 手無し繼娘 / 43
  • 一七 天人女房 / 46
  • 一八 繪姿女房 / 49
  • 一九 難題聟 / 54
  • 二〇 犬と猫と指輪 / 58
  • 二一 馬方山姥 / 62
  • 二二 天道さん金ん鎖 / 65
  • 二三 食はず女房 / 72
  • 二四 古家ん漏造 / 76
  • 二五 子浚ひ鬼 / 80
  • 二六 子浚ひ麒麟 / 84
  • 二七 鷲の育て子 / 86
  • 二八 子育て幽靈 / 89
  • 二九 女の大力 / 90
  • 三〇 三年寢坊太郞の手柄 / 91
  • 三一 地藏と旅人 / 93
  • 三二 村の神樣 / 95
  • 三三 田野久と大蛇 / 96
  • 三四 狐と獺 / 98
  • 三五 尻尾の釣 / 99
  • 三六 猿と蟹の餅搗き / 101
  • 三七 蛙と犬の競走 / 103
  • 三八 起上小法師 / 104
  • 三九 隱れ笠と隱れ蓑 / 107
  • 四〇 天狗の骰子 / 108
  • 四一 金を屁る馬 / 109
  • 四二 火なしで滾る鍋 / 112
  • 四三 源五郞の天上り / 113
  • 四四 千兩箱泥棒 / 116
  • 四五 閻魔の失敗 / 118
  • 四六 仇討競爭 / 123
  • 四七 大鳥と蝦と蛤 / 126
  • 四八 仁王とがま / 128
  • 四九 鳶と鼠 / 129
  • 五〇 おどけ者譚 / 131
  • 五一 肥後の五箇ノ庄譚 / 135
  • 五二 ぶつつとぐわつた(馬鹿息子譚) / 141
  • 五三 山伏と狸 / 144
  • 五四 狸が瞽女に化けた話 / 147
  • 五五 狐に御馳走になつた話 / 148
  • 五六 狐が親爺に化けた話 / 150
  • 五七 小僧痛いぞ / 152
  • 五八 長崎の治郞兵衞狐 / 154
  • 五九 狐が煮殺された話 / 156
  • 六〇 狐が女郞に賣られた話 / 158
  • 解說 / 161

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 島原半島昔話集
著作者等 関 敬吾
柳田 国男
書名ヨミ シマバラ ハントウ ムカシバナシシュウ
シリーズ名 全国昔話記録
出版元 三省堂
刊行年月 1942
ページ数 176p
大きさ 19cm
NCID BN06430482
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66012263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想