東洋大家論説  合本第2集

大橋高三郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ◎從二位勳一等伯爵井上馨君小傳
  • ◎陸軍中將從二位勳一等子爵谷干城君小傳
  • ◎専修學校生徒卒業式祝辞 元老院議官 加藤弘之
  • ◎經濟學大意 文學士 土子金四郞
  • ◎學術の上進を謀るの議 元老院議官 神田孝平
  • ◎賢女傳 文學士 坪内雄藏
  • ◎黄連の硏究 醫學士 猪子吉人
  • ◎歐州漫遊の話 陸軍中將 谷干城
  • ◎組合營業の利害 文學士 天野爲之
  • ◎日本小說改良論 法學士 關直彥
  • ◎彗星の說 理化大學敎授 寺尾壽
  • ◎婦人の當さに學ふべき者一二 文學士 矢田部良吉
  • ◎適中倫理說 エール學士 中島力造
  • ◎佛敎興廢論 文學士 辰巳小二郞
  • ◎心理學の定義及心の分類を論す 文學士 井上圓了
  • ◎日本食品中芽生黴菌の所在 醫學士 坪井次郞
  • ◎鑛山の發見 工科大學敎授 渡邊渡
  • ◎近世獨國經濟學一班 法科大學敎授 和田垣謙三
  • ◎批評の標準 文學士 坪内雄藏
  • ◎博物標品を蒐集する方案 理學士 岩川友太郞
  • ◎大寳令の政府組織 文學士 辰巳小二郞
  • ◎大磯海水浴 陸軍々醫總監 松本順
  • ◎未來の變動及未來の法律家 法學士 井本常二
  • ◎修身講義 眞宗學師 島地默雷
  • ◎維納府に於て鳥尾中將と共にスタイン氏を訪ひ東西哲學の異同を論ず 文學士 井上哲二郞
  • ◎國會の特權 文學士 高田早苗
  • ◎肺病の論 醫學士 竹中成憲
  • ◎監獄論 内務省參事官 宇川盛三郞
  • ◎社會思想の變遷 學士會員 原坥山
  • ◎上水下水の話 工科大學敎授 白石直治
  • ◎伯爵後藤象次郞君の演說
  • ◎文科大學長外山正一君の演說
  • ◎文部大臣森有禮君の演說
  • ◎陸軍中將谷干城君の演說
  • ◎福澤諭吉先生の演說
  • ◎司法次官三好退藏君の演說

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋大家論説
著作者等 大橋 高三郎
書名ヨミ トウヨウ タイカ ロンセツ
書名別名 Toyo taika ronsetsu
巻冊次 合本第2集
出版元 暁鐘館
刊行年月 1889 2版
ページ数 146p
大きさ 19cm
全国書誌番号
54008771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想