青島を中心とする交通対策

青島日本商工會議所 [編]

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論 / 1
  • 第一節 鐵道 / 2
  • 第二節 自動車路 / 5
  • 第三節 港灣 / 6
  • 第四節 航路 / 7
  • 第五節 航空路 / 8
  • 第六節 結論 / 9
  • 第二章 鐵道 / 11
  • 第一節 膠濟鐵路 / 11
  • 一、膠濟鐵道の輸送能力 / 11
  • 二、膠濟沿線の物資 / 14
  • 三、膠濟線へ蒐集可能物資量 / 23
  • 第二節 膠濟鐵路延長線 / 27
  • 一、濟順、濟彰、濟道三線の優劣 / 27
  • 二、幹支線の距離 / 29
  • 三、沿線及び背後地の槪况 / 30
  • 四、延長線及び膠濟線に蒐集可能物資量 / 40
  • 五、水運 / 44
  • 六、各地間の距離 / 45
  • 七、延長線の收益 / 46
  • 八、西行の物資 / 47
  • 九、延長線の輸送總量 / 48
  • 第三節 新設計劃豫定線 / 49
  • 一、高密-新泰-濟寧線 / 49
  • 二、高徐線 / 54
  • 三、濟寧-蘭封線(高密-新泰-濟寧の延長) / 60
  • 四、德石線 / 64
  • 第三章 自動車路 / 80
  • 第一節 山東省の自動車路 / 80
  • 一、山東省のバス路 / 80
  • 二、烟濰區路線 / 82
  • 三、東臨區路線 / 85
  • 四、泰沂區路線 / 87
  • 五、濟武區路線 / 90
  • 六、兗曹區路線 / 92
  • 七、各區路線延長里數表 / 94
  • 第二節 靑島を中心とするバス路 / 95
  • 一、膠莱バス路 / 95
  • 二、靑烟バス / 97
  • 三、靑烟沿道の物產 / 98
  • 四、烟濰鐵路、烟高鐵路 / 99
  • 五、華北汽車と靑島交通 / 100
  • 六、膠莱運河 / 100
  • 附圖 山東省自動車路地圖 / 102
  • 第四章 港灣 / 103
  • 第一節 大靑島港 / 103
  • 一、大靑島港建設 / 103
  • 二、將來に於ける當港の呑吐數量 / 103
  • 三、當港の現有施設槪要 / 105
  • 四、所謂大靑島港 / 106
  • 五、所要經費 / 109
  • 六、結び / 110
  • 附圖 靑島港擴張豫想計劃圖 / 110
  • 第二節 連雲港 / 111
  • 一、連雲港と各地間との距離 / 111
  • 二、自然的條件 / 111
  • 三、築港 / 113
  • 四、貿易 / 121
  • 第三節 隴海鐵路 / 131
  • 一、沿革 / 131
  • 二、本鐵路の運輸業績 / 135
  • 三、物資 / 138
  • 四、寶鷄-蘭州間及寶鷄-成都間の鐵路豫定線比較 / 146
  • 五、連雲港の將來 / 152
  • 第五章 航路 / 162
  • 第一節 靑島を中心とする航路問題 / 162
  • 一、緖言 / 162
  • 二、靑島を中心とする航運槪况 / 164
  • 三、事變後に於ける支那沿岸航運狀况 / 181
  • 四、沿岸航路の充實 / 190
  • 五、遠洋航路の寄港誘致 / 198
  • 六、結論 / 201
  • 第二節 靑島内地間優秀船回航問題 / 202
  • 一、緖言 / 202
  • 二、「自然の良港」靑島港 / 202
  • 三、誇るべき埠頭制度 / 205
  • 四、都市の優秀性 / 206
  • 五、貿易上から見た靑島 / 207
  • 六、内地定期航路の現狀 / 209
  • 七、急を要する航路充實 / 212

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 青島を中心とする交通対策
著作者等 青島日本商工会議所
書名ヨミ セイトウ オ チュウシン ト スル コウツウ タイサク
出版元 青島日本商工会議所
刊行年月 1938
ページ数 215p
大きさ 22cm
NCID BN13805632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66011573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想