国語リズムの研究

湯山清 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序言
  • 第一篇 序論 / 3
  • 第一章 リズム硏究の歷史と新硏究の必要 / 3
  • 第二章 西歐リズム論の誤謬 / 11
  • 第三章 リズムの本質と機能 / 24
  • 第一節 旋律の三要素 / 24
  • 第二節 音質配列と音の高低關係 / 25
  • 第三節 强弱リズムの本質と機能 / 32
  • 第二篇 本論 / 37
  • 第一章 リズムの原理 / 37
  • 第一節 物理的生理的原理-發音運動の原理 / 38
  • 第一項 强弱交互の發音 / 38
  • 第二項 發音運動の原理とリズムの三基本型式 / 43
  • 第三項 リズム單位と發音速度 / 63
  • 第四項 强音と弱音との感知 / 89
  • 第二節 言語リズムの心理的原理-言語剛柔の原理 / 130
  • 第二章 リズムの三大法則 / 145
  • 第一節 緩リズムの法則 / 147
  • 第二節 急リズムの法則 / 150
  • 第三節 混合リズムの法則 / 157
  • 第三章 休止のリズム法則その他 / 190
  • 第一節 休止のリズム法則 / 190
  • 第二節 重ね言葉のリズム法則 / 202
  • 第三節 數詞のリズム法則 / 217
  • 第四章 言語剛柔の決定法 / 230
  • 第一節 剛柔を見分ける必要 / 230
  • 第二節 直接感知の方法 / 241
  • 第三節 リズム法則利用の方法 / 243
  • 第五章 第二次リズムとアクセント / 250
  • 第一節 緩リズムの場合 / 250
  • 第二節 急リズムの場合 / 258
  • 第三節 音節とアクセント / 262
  • 第一項 音節 / 262
  • 第二項 アクセント / 268
  • 第六章 發音の音樂化現象 / 272
  • 第三篇 各論 / 287
  • 第一章 散文のリズム型式 / 287
  • 第二章 詩歌のリズム型式 / 303
  • 第一節 日本詩歌とリズム / 303
  • 第二節 五七調と七五調の成立條件 / 312
  • 第三節 萬葉調と古今調のリズム型式 / 326

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国語リズムの研究
著作者等 湯山 清
書名ヨミ コクゴ リズム ノ ケンキュウ
出版元 国語文化研究所
刊行年月 1944
ページ数 342p
大きさ 22cm
NCID BN06585569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60001427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想