映画と音楽

掛下慶吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき
  • (1) 評論・硏究
  • 一 日本映畫と日本音樂 / 2
  • 二 東亞の國民音樂 / 8
  • 三 映畫の分類學 / 15
  • 四 チェック映畫抄史 / 28
  • 五 音樂映畫と歌劇映畫 / 34
  • 六 交響樂的映畫 / 42
  • 七 同時性、非同時性、對位法の再檢討 / 47
  • 八 手で描かれる音樂 / 60
  • 九 純粹音樂の視覺化 / 71
  • 一〇 音樂短篇映畫に就いて / 78
  • (2) トオキイ音樂について
  • 一 トオキイ音樂以前 / 95
  • 二 トオキイ音樂硏究・序說 / 105
  • 三 トオキイ音樂の根本問題 / 127
  • 四 劇トオキイに於ける音樂處理法 / 139
  • 五 トオキイ音樂と音響の諸問題 / 147
  • 六 トオキイ音樂に關する二、三の反駁 / 154
  • 七 トオキイ音樂隨想 / 161
  • 八 製作者の立場より / 166
  • 九 映畫と音樂の聯關性 / 171
  • (3) 作品・その他
  • 一 デュヴィヴィエの「巴里-伯林」 / 176
  • 二 音畫監督G・W・パプスト / 179
  • 三 音畫「炭坑」とそのセッティング / 189
  • 四 ルネ・クレエルの「巴里祭」 / 198
  • 五 パウル・ツィンナアの「夢みる唇」 / 203
  • 六 「第九交響樂」と「夢みる唇」の類似性 / 208
  • 七 「黑い瞳」の音樂構成ノオト / 213
  • 八 「グレエト・ワルツ」を觀て / 222
  • 九 映畫「兄いもうと」の音樂構成 / 225
  • 一〇 日本トオキイ時評・短評五篇 / 234
  • 一一 日本トオキイ誕生前後 / 245
  • 一二 近時雜感 / 259
  • 一三 一九三三年世界音畫界の記錄 / 268
  • 一四 一九三五年度洋畫界の囘顧 / 287
  • 一五 一九三八年度の音樂的問題映畫 / 299
  • (4) 映畫と音樂
  • 一 日本トオキイ作曲家の現狀 / 306
  • 二 歐洲トオキイ作曲家とそのレコオド / 313
  • 三 現代作曲家による映畫と音樂の交流 / 321
  • 四 「シピオネ」の作曲者ピツェッティ / 331
  • 五 トオキイ作曲家としてのラアトハウス / 337
  • 六 「國境の町」の音樂構成要素とワシレンコ / 341
  • 七 プロコフィエフの「キイジェ中尉」 / 346
  • 八 二つの新しい「提琴協奏曲」 / 353
  • 九 夏の音樂 / 359
  • 一〇 私のレコオド觀 / 366
  • (5) 鮮滿支紀行 / 376
  • 空の旅 / 377
  • 北京好日 / 378
  • 新京の印象 / 381
  • ロマノフカに就いて / 383
  • ハルビンの露人生活 / 388
  • 半島より内地へ / 393

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 映画と音楽
著作者等 掛下 慶吉
書名ヨミ エイガ ト オンガク
書名別名 Eiga to ongaku
出版元 新興音楽出版社
刊行年月 1943
ページ数 396p 図版
大きさ 19cm
NCID BN15302075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58005157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想