ウラル以東の諸鉄道

南満洲鉄道株式会社調査部北方調査室 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 ウラル-バイカル間シベリヤの諸鐵道
  • 第一節 序說 / 1
  • 第二節 自然條件 / 4
  • 第三節 資源と產業 / 16
  • 第四節 鐵道建設史 / 23
  • 第五節 管理組織 / 46
  • 第六節 技術施設 / 54
  • 第七節 輸送 / 62
  • 第二章 中央亞細亞の諸鐵道
  • 序言 / 85
  • 第一節 槪說 / 86
  • 第二節 自然地理並に產業 / 89
  • 第三節 各鐵道の管轄と延長並營業狀態 / 107
  • 第四節 鐵道建設史 / 120
  • 第五節 輸送 / 132
  • 附說 トルクシブ鐵道の意義と將來 / 159
  • 第三章 南部シベリヤ鐵道
  • 第一節 序說 / 169
  • 第二節 南部シベリヤ鐵道建設決定までの經緯 / 171
  • 第三節 南部シベリヤ鐵道の建設計畫 / 174
  • 第四節 南部シベリヤ鐵道開通の影響 / 176
  • 第五節 南部シベリヤ鐵道沿線の自然條件 / 188
  • 第六節 南部シベリヤ鐵道の建設狀況 / 193
  • 第七節 結言 / 195
  • 第四章 バム鐵道
  • 序言 / 198
  • 第一節 槪說 / 198
  • 第二節 建設槪要 / 201
  • 第一項 建設計畫 / 201
  • 第二項 經路並に延長 / 203
  • 第三項 建設費 / 206
  • 第四項 路線 / 207
  • 第五項 建設現況 / 210
  • 第三節 背後地槪觀 / 211
  • 第一項 面積と鐵道密度 / 211
  • 第二項 人口密度と鐵道延長 / 214
  • 第三項 產業 / 221
  • 第四項 バム線に連絡する交通網の大要 / 227
  • 第四節 輸送量に關する一考察 / 229
  • 第一項 旅客 / 229
  • 第二項 貨物 / 232
  • 第五節 結び / 239
  • 第五章 東ソの鐵道
  • 第一節 序說 / 242
  • 第一項 東ソの鐵道の現階段の課題 / 242
  • 第二項 東ソ鐵道網の見方 / 246
  • 第三項 生產力の低位と第三次五ヶ年計畫 / 250
  • 第四項 東ソ以西地域に對する依存物資の量 / 254
  • 第五項 移入物資輸送ルート / 255
  • 第六項 極東向け物資輸送增大に對する諸對策 / 260
  • 第二節 鐵道建設史 / 264
  • 第一項 シベリヤ鐵道建設の三段階 / 264
  • 第二項 シベリヤ鐵道建設の意圖 / 269
  • 第三項 革命前の鐵道建設 / 272
  • 第四項 革命後の鐵道建設 / 287
  • 第三節 線路 / 293
  • 第一項 革命前の線路 / 293
  • 第二項 革命後の線路 / 294
  • 第三項 保線 / 298
  • 第四項 橋梁 / 299
  • 第五項 トンネル / 301
  • 第四節 管轄組織と所管粁程 / 301
  • 第一項 管轄區間の變遷 / 301
  • 第二項 鐵道局及運轉區所管粁程 / 303
  • 第五節 經理 / 311
  • 第一項 投下資本 / 311
  • 第二項 營業收支 / 315
  • 第六節 輸送 / 321
  • 第一項 輸送量の發展 / 321
  • 第二項 一九三七年[度]の輸送量 / 327
  • 第三項 一九四二年度輸送量 / 333

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ウラル以東の諸鉄道
著作者等 南満州鉄道株式会社
南満洲鉄道株式会社調査部北方調査室
書名ヨミ ウラル イトウ ノ ショテツドウ
シリーズ名 ソ聯邦政治経済叢書 ; 第1部 第7篇
出版元 南満州鉄道
刊行年月 1943
ページ数 334p
大きさ 21cm
全国書誌番号
57013810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 中華人民共和国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想