活動写真現像と印画

帰山教正, 福島信之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第I篇
  • 小型フイルムのアマチユア現像印畵
  • 第I節 小型フイルムの種類及び性質と現像上の注意
  • 第II節 小型フイルムの家庭現像法
  • 第III節 16ミリ・フイルムの平枠式現像法
  • 第IV節 9.5ミリ,8ミリ・フイルムの現像
  • 第V節 簡易燒付機と印畵法
  • 第VI節 撮影,現像の失敗原因の究明
  • 第VII節 小型映畵の編輯法
  • 第II篇
  • 一般現像及び印畫法
  • 第I章 ネガチヴの現像法
  • 第I節 一般的現像用具
  • 第II節 現像液,定着液
  • 第III節 一般的現像處理法
  • 第IV節 乾燥法
  • 第II章 燒付機及び印畵法
  • 第I節 燒付機
  • 第II節 印畵法及び印畵技巧
  • 第III章 ポジチヴ・フイルムの現像竝に染色・調色
  • 第I節 ポジチヴ・フイルムの現像法 / 118
  • 第II節 染色及び調色法
  • 第IV章 微粒子現像液
  • 第I節 粒狀性(グレニネス)の原因 / 135
  • 第II節 コダツク社の微粒子現像液 / 138
  • 第V章 各種檢査機械及び自働現像機
  • 第I節 イーストマン・センシトメーター / 155
  • 第II節 イーストマン濃度計 / 161
  • 第III節 アグフア及びイーストマンのガムマメーターと其の測定法 / 163
  • 第IV節 自働現像機 / 168
  • 第V節 トーキー・フイルムの現像と處理法
  • 第III篇
  • フイルムの性質と現像の理論
  • 第I章 感光膜の性質
  • 第I節 フイルムの製造法と感光膜の構造 / 211
  • 第II節 特性曲線 / 220
  • 第III節 感光度と其の測定法 / 223
  • 第IV節 增感と感色性 / 235
  • 第V節 減感處理 / 241
  • 第VI節 フイルムの取扱に就いて / 245
  • 第II章 現像の理論
  • 第I節 現像 / 250
  • 第II節 現像條件とフイルムの特性との關係 / 253
  • 第III節 各種現像主藥と現像液の特性 / 267
  • 第IV節 定着及び水洗 / 279
  • 第V節 補力及び減力 / 284
  • 附錄 處方集

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 活動写真現像と印画
著作者等 帰山 教正
福島 信之助
書名ヨミ カツドウ シャシン ゲンゾウ ト インガ
シリーズ名 映画講座 ; 第5
出版元 日本教材映画
刊行年月 1933
ページ数 291, 18p
大きさ 21cm
NCID BN02021197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60001513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想