支那伝説集

木下杢太郎 訳編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 馬士麟の話 / 3
  • 二人の讀書生 / 11
  • 吳三復 / 16
  • 髑髏の息 / 21
  • 獄卒罰せらるゝ事 / 24
  • 鄷都縣の縣令 / 27
  • 奇夢 / 36
  • 怪しい道士が魚を求めた話 / 45
  • 山東の林氏の話 / 50
  • 鬼の騙り / 54
  • 胡蝶の怪 / 59
  • 死人が冤罪を訴へに來た話 / 64
  • 平陽縣の縣令の話 / 68
  • 烈傑太子 / 72
  • 寄附金の着服 / 77
  • 土地神の訴訟 / 85
  • 符離の一夜 / 89
  • 靑龍黨 / 94
  • 鬼を縛つた話 / 98
  • 狐の怪 / 103
  • 七人の盜賊の話 / 110
  • 僧智恒の靈 / 119
  • 文信王 / 121
  • 魂を藏つて置く瓶のこと / 130
  • 雷公の代理 / 133
  • 體の透明な鬼の話 / 138
  • 老媼が妖術を行つたこと / 141
  • 水仙殿 / 143
  • 虹の精 / 148
  • 孝女 / 154
  • 鬼の送り損ひ / 159
  • 妖怪爆竹を恐る / 162
  • 母狼に化す / 166
  • 死んだ夫がその妻の命を救つた話 / 168
  • 門神を祭ること / 173
  • 父の方が子よりも年が若い話 / 176
  • 城隍神が酒に酔つて裁判を誤つた話 / 184
  • 江軼林 / 188
  • 獅子大王 / 194
  • 李百年 / 209
  • 騙術 / 215
  • 騙の仕返し / 223
  • 通判の家の婢 / 227
  • 李通判のこと / 232
  • 靈鬼兄の命を救ふ話 / 240
  • 王弼の話 / 245
  • 慾の深い屍 / 255
  • 長淸の僧の話 / 259
  • 吝嗇な梨商人 / 265
  • 酒友 / 269
  • 促織 / 274
  • 屍變 / 285
  • 河の神と城の神との爭ひ / 291
  • 人に化けた虎の話 / 294
  • 人に化けた狼の話 / 297
  • 酒に醉つた體から魂が離れて行つた話 / 301
  • 歸る處を失つた魂の話 / 304
  • 板橋店 / 306
  • 王將軍の母 / 313
  • 心臓のすりかへ / 316
  • 不倒翁 / 319
  • 宋公の話 / 323
  • 牡丹燈籠 / 328

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那伝説集
著作者等 木下 杢太郎
書名ヨミ シナ デンセツシュウ
書名別名 Shina densetsushu
出版元 座右宝刊行会
刊行年月 1940
版表示 [重版]
ページ数 337p
大きさ 19cm
NCID BN14902033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53016840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想