沢庵の生涯とその思想

伊藤康安 著

[目次]

  • 目次
  • 澤庵の生涯とその思想
  • 前篇
  • 一、 生涯の槪觀 / 3
  • 堺と大德寺と茶道 / 3
  • 二、 皮肉な運命の後半生 / 14
  • 五山の壓迫と家光の殊遇 / 14
  • 三、 思想の槪說 / 26
  • 宗門への失望と學問への精進 / 26
  • 四、 不動智神妙錄の劍禪一致思想 / 37
  • いづこにも心を置くな、全身全體を心とせよ / 37
  • 後篇
  • 一、 劍道極意の書『太阿記』 / 53
  • 坐らにして勝を制す / 53
  • 刀無くして人を殺す / 56
  • 無師の智、無作の用 / 58
  • 拈華微笑の因緣 / 60
  • 未だ戰はざるに速く截つて三段となす / 63
  • 二、 宇宙人生の解說『理氣差別論』 / 66
  • 天地の部 / 66
  • 理と氣 / 66
  • 陰陽と五行 / 72
  • 人身の部 / 75
  • 性と心 / 75
  • 識と情 / 78
  • 機と忘機 / 81
  • 神と佛 / 83
  • 正直の心が神 / 86
  • 三、 佛道の眞髓『安心法門』 / 91
  • 迷ふ時は人法を逐ふ / 91
  • 解る時は法人を逐ふ / 92
  • 解れば識色を攝す / 94
  • 迷へば色識を攝す / 94
  • 有心分別は悉く夢 / 95
  • 識心寂滅を正覺と名づく / 99
  • 有自ら有ならず、自心計つて有となす / 100
  • 無自ら無ならず、自心計つて無と作す / 101
  • 文字に從つて解する者は淺し / 105
  • 事に卽し法に卽する者は深し / 105
  • 法界の心 / 108
  • 三種の世間 / 109
  • 己れを見るに由て道を得ず / 110
  • 卽心無心是れ佛道 / 113
  • 有相無相共に相無し / 114
  • 一物を行ぜざるを行道と爲す / 116
  • 無作の法に處すれば佛を見る / 117
  • 色相を取るが故に地獄に墮つ / 120
  • 心色に非ず故に有に非ず / 122
  • 心心心尋ぬ可き難し / 125
  • 惡を嫌はず善を勤めず / 127
  • 四、 東海夜話(抄出) / 131
  • 〔附錄〕
  • 書翰を通して見た澤庵 / 171

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 沢庵の生涯とその思想
著作者等 伊藤 康安
書名ヨミ タクアン ノ ショウガイ ト ソノ シソウ
書名別名 Takuan no shogai to sono shiso
シリーズ名 ラヂオ新書 ; 第17
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 昭15
ページ数 209p
大きさ 18cm
全国書誌番号
46075882
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想