ローマ字文の研究

田丸卓郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 ローマ字の綴り方(上)
  • ヘボン式綴り方§1-2 / 1
  • ヘボン式綴り方と我々のローマ字を使ふ趣意§3-5 / 2
  • 日本式綴り方§6-7 / 4
  • 日本式綴り方とヘボン式綴り方との比較其一、日本語の性質から見て§8-9 / 7
  • 同其二、實用上から見て§10-12 / 12
  • 同其三、ローマ字綴り方と五十音圖§13-14 / 13
  • 同其四、音聲學との關係§15-17 / 15
  • 同其五、科學的な書き方§18-20 / 18
  • 同其六、聞く人の書き方と言ふ人の書き方§21-24 / 19
  • 同其七、英語や外國人に對する點§25-28 / 21
  • 同其八、外國のti音,tu音などの書き方§29-31 / 25
  • 日本式綴り方と假名遣ひ§32-42 / 27
  • ウ列の音にuを省く說について§43-46 / 35
  • ローマ字のいろいろな綴り方(南部式、左近式、片山式、鳴海式、稻留式)§47-61 / 37
  • 綴り方の結論、日本式の過去と將來§62-65 / 48
  • 現在の狀態に適切な方針§66-68 / 51
  • 第二章 ローマ字の綴り方(下)
  • 引く音§69-75 / 54
  • はねる音§76-78 / 59
  • つまる音§79-81 / 61
  • いろいろな特別な音§82-87 / 63
  • 外國語の書き方§88-89 / 64
  • 外國の人名や地名の書き方§90-95 / 67
  • 日本人の姓名の書き方§96-98 / 71
  • 名簿索引字引の綴り方と列べ方§99-101 / 72
  • 第三章 字の名前と標しの使ひ方
  • 字の名前§102-108 / 74
  • 標しの使い方§109-126 / 80
  • 第四章 ことばの附け離しと種類分け
  • 語の附け離しの一般の規則§127-130 / 90
  • 組み合せ詞§131-133 / 92
  • ことばの役目の種類§134-136 / 94
  • ことばの種類§137-140 / 98
  • 名詞§141-155 / 100
  • 代名詞§156-157 / 112
  • 關係詞§158-166 / 114
  • 動詞§167-197 / 120
  • 形容詞§198-216 / 137
  • 副詞§217-222 / 150
  • 數詞§223-242 / 155
  • 廣さ詞§243-250 / 163
  • 接續詞§251-253 / 170
  • 呼かけ詞§254-255 / 173
  • 文章の組立§256-258 / 174
  • 第五章 ことば及び言ひ方
  • ローマ字文を書くときの根本の方針§259-260 / 177
  • ことば§261-275 / 179
  • 言ひ方§276-296 / 189
  • いろいろな書式§297-306 / 200
  • 第六章 文語體の日本語の書き方
  • 一般のこと§307-309 / 208
  • 單語に關すること§310-316 / 210
  • 助動詞と助詞の問題§317 / 213
  • 詞のつづいた文句§318-321 / 215
  • 附錄 簡單な文法字引 / 1
  • 索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ローマ字文の研究
著作者等 田丸 卓郎
書名ヨミ ローマジブン ノ ケンキュウ
書名別名 Romajibun no kenkyu
出版元 日本のローマ字社
刊行年月 1923
版表示 第3版
ページ数 216, 128p
大きさ 19cm
NCID BA4312258X
BN06041130
BN10481840
BN11381841
BN12522596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48002105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想