懐徳堂考

天囚西村時彦 著

附: 懐徳堂復興小史, 懐徳堂年譜

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 一、五井持軒(四書屋加助) / 3
  • 二、三宅石菴の來歷 / 9
  • 三、五井蘭洲の生立 / 12
  • 四、中井甃菴の來阪(蘭洲と甃菴) / 13
  • 五、享保の大火(蘭洲至孝○石菴と含翠堂) / 15
  • 六、懷德堂創立(甃菴と五同志○開講と石菴蘭洲及び誠所、執齋東涯) / 17
  • 七、懷德堂の學風(壁書及び規約) / 21
  • 八、石菴の學問著述(其の生平及び歿年) / 25
  • 九、甃菴と懷德堂(其の學術性行と遺言) / 28
  • 十、蘭洲と懷德堂(學風一變と其の功績) / 33
  • 十一、蘭洲の學術著書 / 37
  • 十二、蘭洲の風采人物(其の晩年と子孫) / 42
  • 十三、三宅春樓 / 45
  • 十四、五同志列傳(富永仲基、荒木蘭皐及び諸同志人名) / 47
  • 十五、竹山と履軒 / 54
  • 十六、竹山の預人相續(規約の改正) / 56
  • 十七、竹山の講業と東游(履軒の代講) / 61
  • 十八、竹山の儒風振興(學主○非徵○樂翁公召見○御城入) / 63
  • 十九、學校類燒と再建(懷德堂記と諸聯○五舍と掲示) / 67
  • 二十、逸史獻上(紋服拜領○毀譽交々至る) / 74
  • 二十一、竹山の尊王(草茅危言と大義名分○經世の見) / 77
  • 二十二、竹山の學行(好善の家風) / 82
  • 二十三、竹山の交游と門人(學派の分布) / 88
  • 二十四、竹山の風采性格(附著述書目) / 93
  • 二十五、竹山退隱と蕉園相續(蕉園の天才) / 97
  • 二十六、竹山遺言と學主の後任 / 100
  • 二十七、履軒幽人と水哉館(兄弟同牀○入京○慨世隱居○華胥國) / 102
  • 二十八、履軒の經業(其の文章論○著述書目) / 106
  • 二十九、履軒の文章詩歌(天子知名の印○其の工技) / 114
  • 三十、履軒の尊王斥覇(通語○南朝正統說○日本外史の粉本○履軒と樂翁公○天下の偉人) / 118
  • 三十一、履軒の逸事(其の交友門人) / 123
  • 三十二、履軒と懷德堂(逝去と其子柚園) / 131
  • 三十三、碩果事略(先業を守る○賴山陽○大鹽中齋) / 133
  • 三十四、並河寒泉と桐園(當時の懷德堂と大阪諸儒○魯艦應接ご御城入) / 138
  • 三十五、懷德堂掉尾の事業(逸史上木) / 144
  • 三十六、山階宮の懷德堂御成 / 145
  • 三十七、懷德堂の興廢(功臣の姓名○末造の窮迫○明治二年の廢絕と舊址) / 147
  • 三十八、寒泉の晩年と廢校後の中井氏(附懷德堂舊門人) / 151
  • 三十九、結論 / 153
  • 懷德堂復興小史
  • 懷德堂年譜

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 懐徳堂考
著作者等 西村 天囚
天囚西村時彦
書名ヨミ カイトクドウ コウ
出版元 懐徳堂記念会
刊行年月 1925
ページ数 186p 図版23枚
大きさ 23cm
NCID BA44008320
BB20817003
BN11331810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52009599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想