少年保元平治合戦記

宮崎久松 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 保元の卷
  • 〔一〕名乘り合ひ / 1
  • 〔二〕敵を呪ふ者 / 6
  • 〔三〕剃刀左大臣 / 15
  • 〔四〕朝敵となつた爲義 / 21
  • 〔五〕鎭西の勇士 / 27
  • 〔六〕源爲朝の進言 / 37
  • 〔七〕氣儘な昇殿 / 41
  • 〔八〕貰つてやらぬ藏人 / 46
  • 〔九〕猪武者 / 51
  • 〔一〇〕放れ馬 / 59
  • 〔一一〕負け惜み / 63
  • 〔一二〕流矢 / 74
  • 〔一三〕崇德上皇の御出家 / 78
  • 〔一四〕左馬頭義朝の不平 / 85
  • 〔一五〕親心 / 89
  • 〔一六〕佛の袖にすがる人々 / 93
  • 〔一七〕雲と別る[る] / 96
  • 〔一八〕爲義の最後 / 104
  • 〔一九〕船岡山の朝嵐 / 112
  • 〔二〇〕桂川原の露 / 125
  • 〔二一〕嘆きの湊 / 131
  • 〔二二〕孝行關白 / 138
  • 〔二三〕惡魔への供物 / 143
  • 〔二四〕爲朝の捕はれ / 148
  • 〔二五〕鬼が島 / 152
  • 〔二六〕最期の日の爲朝 / 157
  • 平治の卷
  • 〔一〕犬と猿 / 163
  • 〔二〕藤原信賴 / 174
  • 〔三〕留守を覗ふ / 181
  • 〔四〕自分で許した大將 / 189
  • 〔五〕穴[にか]くれた信西 / 194
  • 〔六〕武士のたしなみ / 200
  • 〔七〕大義に泣く勇士 / 207
  • 〔八〕廻つて來た幸運 / 216
  • 〔九〕返り忠 / 223
  • 〔一〇〕負はされた惡運 / 229
  • 〔一一〕待賢門の戰 / 239
  • 〔一二〕の(一)義平と重盛 / 251
  • 〔一二〕の(二)八町次郞 / 257
  • 〔一三〕戰はれぬ總大將 / 263
  • 〔一四〕同志戰 / 269
  • 〔一五〕刀を取られた家來 / 274
  • 〔一六〕敗走 / 279
  • 〔一七〕山法師 / 285
  • 〔一八〕龍華越 / 294
  • 〔一九〕裸にされた主從 / 301
  • 〔二〇〕死骸に鞭うつ / 308
  • 〔二一〕恩賞をのぞむ謀反人 / 315
  • 〔二二〕雪の近江路 / 321
  • 〔二三〕朝長の最後 / 329
  • 〔二四〕身代りに立つ / 336
  • 〔二五〕義朝非業の死 / 342
  • 〔二六〕武士道の敵 / 351
  • 〔二七〕惡源太義平雷神となる / 357
  • 〔二八〕怪しの卒都婆 / 365
  • 〔二九〕蛭が小島 / 372
  • 〔三〇〕虎を野に放つ / 382
  • 〔三一〕鞍馬の小天狗 / 389
  • 〔三二〕石橋山 / 397
  • 〔三三〕源家の再興 / 404

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少年保元平治合戦記
著作者等 宮崎 久松
書名ヨミ ショウネン ホゲン ヘイジ カッセンキ
書名別名 Shonen hogen heiji kassenki
出版元 大同館書店
刊行年月 昭和4
ページ数 412p 図版
大きさ 20cm
NCID BN09225843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45016639
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想