アジアのポピュラー音楽 : グローバルとローカルの相克

井上貴子 編著

音楽と聴衆の媒介作用"メディエーション"に焦点をあてるポピュラー音楽研究の新潮流。ローカルなアイデンティティの形成と主張、空間や時間の重複とズレ。「アジア」という地理的かつ理念的な枠組みを設定し、新たな視座を提供する。音楽文化の現在に見取り図を示すシリーズ完結巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 かつてワールドミュージックのブームがあった
  • 第2章 チャイニーズ・ポップの歴史と現状-日本における受容を『POP ASIA』誌の歩みとともに
  • 第3章 韓流ポップの現状
  • 第4章 アジェッグ・バリとポップ・バリ-ローカル・アイデンティティをめぐる文化運動とバリ島のポピュラー音楽の変遷
  • 第5章 カントゥルム・ロック-タイ・クメール系歌謡の変容
  • 第6章 インドのポピュラー音楽と音楽産業
  • 第7章 中東のジプシー音楽のポップ化
  • 第8章 オーストラリアにおける和太鼓の受容と土着化-ハイブリッドのオーストラリア太鼓音楽までの道
  • 第9章 ポピュラー音楽にみるNRI(在外インド人)のジレンマ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアのポピュラー音楽 : グローバルとローカルの相克
著作者等 井上 貴子
書名ヨミ アジア ノ ポピュラー オンガク : グローバル ト ローカル ノ ソウコク
シリーズ名 〈双書〉音楽文化の現在 4
出版元 勁草書房
刊行年月 2010.11
ページ数 220, 39p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-69864-6
NCID BB04088365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21852777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想