さよなら、サイレント・ネイビー : 地下鉄に乗った同級生

伊東乾 著

なぜ彼は地下鉄にサリンを撤かねばならなかったのか。オウム真理教事件・豊田亨死刑囚と東大物理学科で同級生だった著者が、知を尽くし存在をかけて迫った「親友の大罪」。脳生理から性のタブーまで「7つの問い」の答えを求める彷徨の末に見たものは?真に裁かれるべきは誰なのか?第4回開高健ノンフィクション賞受賞作品。選考会騒然、評価を二分した問題作、ついに文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 出来事(苦行-中目黒発・東武動物公園行
  • 筋書-アリジゴクの仕掛け
  • 創発-行為は気づきに先立つ ほか)
  • 第2部 証言(通過列車を待ちながら…1999〜2004
  • 拉致-騙された罪の重さ
  • 調教-現象と詐術の接木 ほか)
  • 第3部 伝言(通過列車を待ちながら…2005
  • 手紙-さよなら、サイレント・ネイビー
  • 後継列車を待ちながら…2006年8月6日 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さよなら、サイレント・ネイビー : 地下鉄に乗った同級生
著作者等 伊東 乾
書名ヨミ サヨナラ サイレント ネイビー : チカテツ ニ ノッタ ドウキュウセイ
書名別名 Sayonara sairento neibi
シリーズ名 集英社文庫 い68-1
出版元 集英社
刊行年月 2010.11
ページ数 364p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746636-2
NCID BB0503744X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21848718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想