東北産業経済史  松平定信,二宮尊徳篇

東北振興会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 白河藩と松平定信公
  • 第一章 藩の財政及經濟 / 1
  • 一 定信公白河藩を繼ぐ / 1
  • 二 質素儉約 / 4
  • 三 天明の凶饉と其救[濟]恤 / 11
  • 四 水火の罹災者に對する救助 / 27
  • 五 貧民救濟 / 31
  • 六 產兒の保護奬勵 / 34
  • 七 藩財政の確立 / 44
  • 第二章 農業 / 49
  • 一 民本思想 / 49
  • 二 農政 / 62
  • 三 開墾 / 88
  • 四 蠶業 / 92
  • 五 產馬 / 98
  • 六 仁政と農民 / 100
  • 第三章 林業 / 105
  • 一 林政 / 105
  • 二 諸木の植栽 / 107
  • 三 漆樹の栽培 / 120
  • 第四章 商工業 / 123
  • 一 織物 / 123
  • 二 染物 / 125
  • 三 塗物 / 126
  • 四 陶器 / 127
  • 五 鑄物 / 128
  • 六 製紙 / 130
  • 七 煙草 / 132
  • 八 藥園 / 133
  • 九 朝鮮人蔘 / 135
  • 十 靑物 / 136
  • 十一 養魚 / 137
  • 十二 酒造 / 138
  • 十三 鑛山 / 140
  • 第五章 松平定信公 / 141
  • 一 白[河]侯となるまで / 141
  • 二 藩政の釐革 / 151
  • 三 幕府の執政 / 160
  • 第六章 松平定信公の一生 / 171
  • 一 定信公の政治經濟 / 171
  • 二 定信公の育成時代 / 179
  • 三 定信公の靑年時代 / 192
  • 四 定信公の編纂事業 / 194
  • 五 定信公の晩年 / 198
  • 相馬藩と二宮尊德
  • 第一章 財政及經濟 / 201
  • 一 忠胤と藩政 / 201
  • 二 益胤時代の財政難 / 210
  • 三 改革政治と藩費節約の斷行 / 216
  • 四 社會制度と救荒 / 230
  • 五 充胤の財政救濟 / 241
  • 第二章 中村藩と二宮尊德 / 263
  • 一 富田高慶と二宮 / 263
  • 二 二宮仕法採決の障碍 / 269
  • 三 領内仕法の實施 / 277
  • 四 興國安民法 / 298
  • 第三章 藩と民政 / 311
  • 一 忠胤と仁政 / 311
  • 二 益胤の民政 / 314
  • 三 充胤の民政 / 339
  • 第四章 產業 / 349
  • 一 農業 / 349
  • 二 林業 / 355
  • 三 蠶業 / 363
  • 四 織物 / 365
  • 五 陶器 / 366
  • 六 水產業其他 / 368
  • 第五章 民政に貢献せる人物 / 371
  • 一 相馬忠胤 / 371
  • 二 相馬益胤 / 383
  • 三 相馬充胤 / 394
  • 四 池田胤直 / 408
  • 五 熊川胤隆 / 412
  • 六 富田高慶 / 414
  • 七 二宮尊德 / 452

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東北産業経済史
著作者等 東北振興会
書名ヨミ トウホク サンギョウ ケイザイシ
巻冊次 松平定信,二宮尊徳篇
出版元 東北振興会
刊行年月 1943
ページ数 463p 図版
大きさ 22cm
NCID BN07270927
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53013549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想