ジム・ボタンがやってきた

ミヒャエル・エンデ 原作 ; ベアーテ・デリング 再話 ; マティアス・ヴェーバー 絵 ; 酒寄進一 訳

ジム・ボタンはお話が大好き。なかでも、ジムがはじめてフクラム国へやってきたの話は、大のお気に入りです。ある日、王さまがひとりと住人がたったの3にんしかいない、小さな島国フクラム国に郵便船がやってきます。どこへとどけたらいいかわからない小包がひとつ。そのなかに、はいっていたのは…。国じゅうが大さわぎになった、ジム・ボタンとの出会いの物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジム・ボタンがやってきた
著作者等 Dölling, Beate
Ende, Michael
Weber, Mathias
酒寄 進一
Dolling Beate
Tripp F.J.
デリング ベアーテ
トリップ F.J.
ヴェーバー マティアス
エンデ ミヒャエル
書名ヨミ ジム ボタン ガ ヤッテキタ
書名別名 Wie Jim Knopf nach Lummerland kam

Jimu botan ga yattekita
出版元 長崎
刊行年月 2010.4
ページ数 1冊 (ページ付なし)
大きさ 21×21cm
ISBN 978-4-86095-393-5
全国書誌番号
21852776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想