農業経済学  下卷

リャシチェンコ 著 ; 直井武夫 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序
  • 第一章 農業經濟の諸組織及び農業生產の諸形態 / 1
  • 第一節 經濟組織及び經濟形態の一般槪念 / 1
  • 第二節 農業經濟方式の技術的並びに農學的分類 / 8
  • 第三節 農業の技術的諸方式の經濟的[内容] / 16
  • 第四節 農業生產諸形態の經濟的分類 / 29
  • 第五節 農民經濟とその[社會]經濟的内容 / 41
  • 第六節 ロシアの經濟文獻における農民經濟[論] / 66
  • 第七節 農民經濟の分化の問題 / 84
  • 第二章 市場と農業 / 112
  • 第一節 農業における市場と商品生產の問題 / 112
  • 第二節 單純商品經濟と商品=資本主義的經濟 / 116
  • 第三節 農業の商品性 / 122
  • 第四節 農業市場の受容力 / 139
  • 第五節 市場作用の機構 / 152
  • 第六節 價格形成と價格の變動 / 165
  • 第七節 農業と運輸 / 179
  • 第三章 農業における立地の問題 / 190
  • 第一節 工業立地及び農業立地の理論 / 190
  • 第二節 一般立地學の任務 / 194
  • 第三節 農業立地の社會經濟的[諸契機] / 197
  • 第四節 農業立地と地代 / 205
  • 第五節 立地と農業の社會經濟的特殊性 / 222
  • 第四章 農業における收益分配の問題 / 229
  • 第一節 農業社會[經濟學]における收益の問題 / 229
  • 第二節 農業における收益の範疇の槪念、構成および意義 / 235
  • 第三節 私經濟的『收益』および『國民的』收益と兩者の矛盾 / 242
  • 第四節 農民經濟の收益とその特殊性 / 246
  • 第五節 農業における國民的收益、その社會的範疇および傾向 / 256
  • 第五章 資本主義的農業恐慌 / 286
  • 第一部 資本主義的農業恐慌[の理論] / 286
  • 第一節 一般恐慌理論と農業恐慌 / 286
  • 第二節 ブルジョア經濟學における農業恐慌の規定 / 297
  • 第三節 資本主義的農業恐慌理論の一般的前提 / 301
  • 第四節 農業恐慌と收穫 / 311
  • 第五節 農業恐慌と工業恐慌 / 315
  • 第六節 農業恐慌の週期性の問題 / 320
  • 第七節 農業恐慌および農村恐慌とその社會的内容 / 325
  • 第二部 農業における資本主義的恐慌の歷史 / 335
  • 第一節 一八二〇-一八三〇年代の先資本主義的恐慌 / 335
  • 第二節 一八四〇-一八六〇年代の昂揚 / 348
  • 第三節 一八七〇-一八九〇年代の世界恐慌 / 360
  • 第四節 ロシアにおける一八八〇-一八九六年代の農業恐慌 / 391
  • 第五節 一八九〇[年]以來の上向的運動 / 404
  • 第六節 戰爭昂揚及び一九二一-一九二二年の戰後農業恐慌 / 415
  • 第六章 農業と資本主義 / 447
  • 第一節 資本主義的農業の根本的社會諸關係とその矛盾 / 447
  • 第二節 農業における資本主義の諸矛盾の發展傾向 / 453

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 農業経済学
著作者等 Liashchenko, Petr Ivanovich
直井 武夫
リャシチェンコ
書名ヨミ ノウギョウ ケイザイガク
巻冊次 下卷
出版元 白揚社
刊行年月 1934-1937
ページ数 2冊
大きさ 20cm
全国書誌番号
53008397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想