玉あられ

島崎藤村 著 ; 松野一夫 絵

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 遠い國の土產話 / 3
  • 一 忠實な水夫 / 7
  • 二 鹿の身の上話 / 14
  • 三 鰐 / 16
  • 四 お釋迦樣の燈火 / 21
  • 五 少年と少女 / 23
  • 六 驢馬の話 / 30
  • 七 林檎 / 31
  • 八 柿 / 32
  • 九 菊の花の國 / 35
  • 一〇 日本紙 / 36
  • 一一 漆器と陶器 / 37
  • 一二 絹 / 38
  • 一三 巴里の裁判所 / 39
  • 一四 藥劑師の銅像 / 41
  • 一五 山羊の乳賣 / 42
  • 第二章 ふるさとの話 / 43
  • 一 凧 / 46
  • 二 荷物を運ぶ馬 / 51
  • 三 奧山に燃える火 / 54
  • 四 水の話 / 55
  • 五 庄吉ぢいさん / 62
  • 六 草摘みに / 66
  • 七 燕の來る頃 / 69
  • 八 永昌寺 / 72
  • 九 お茶をつくる家 / 76
  • 一〇 梨や柿はお友達 / 79
  • 一一 鳥獸もお友達 / 82
  • 一二 榎の實 / 86
  • 一三 狐の身の上話 / 90
  • 一四 黑い蝶々 / 93
  • 一五 梨の木の下 / 96
  • 一六 玩具は野にも畠にも / 100
  • 一七 水晶のお土產 / 104
  • 一八 雄鷄の冒險 / 106
  • 一九 お墓參りの道 / 109
  • 二〇 靑い柿 / 113
  • 二一 小鳥の先達 / 117
  • 二二 屋根の石と水車 / 119
  • 二三 唄の好きな石臼 / 121
  • 二四 冬の贈り物 / 123
  • 第三章 少年の日 / 127
  • 一 朝倉先生 / 129
  • 二 菖蒲の葉 / 132
  • 三 水の御馳走 / 133
  • 四 都會へ來る夏 / 139
  • 五 蟬の羽織 / 140
  • 六 蟬の子守唄 / 142
  • 七 ほゝづき / 143
  • 八 かまきりと玉蟲 / 144
  • 九 米つき蟲の言草 / 145
  • 一〇 沙魚の話 / 147
  • 一一 水泳 / 149
  • 一二 蟹の子供 / 153
  • 一三 同じく / 155
  • 一四 甘酒屋 / 158
  • 一五 西瓜の晝寢 / 159
  • 一六 シヤボン玉 / 160
  • 一七 屋根の草と釣荵 / 163
  • 一八 こほろぎ / 165
  • 一九 庭の掃除 / 166
  • 二〇 柚子湯 / 169
  • 二一 苺 / 170
  • 二二 冬の土產 / 173
  • 第四章 玉あられ / 175
  • 一 唐がらしのうた / 177
  • 二 鳥の問答 / 179
  • 三 兄弟 / 182
  • 四 幸福 / 184
  • 五 愚かな馬[の]話 / 188
  • 六 太陽の出る前 / 193
  • 七 鶴と鴨 / 199
  • 八 魔法づかひ / 202
  • 九 蜂のお灸 / 205
  • 一〇 蝦蟇の道連れ / 210
  • 一一 兎 / 213
  • 一二 竹の子 / 219
  • 一三 書籍 / 224
  • 一四 古い時計 / 226
  • 一五 銀貨や銅貨を金貨に / 230
  • 一六 この世の旅 / 231
  • 一七 香の國へ、光の世界へ / 233
  • 第五章 子に送る手紙 / 235

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 玉あられ
著作者等 島崎 藤村
松野 一夫
書名ヨミ タマ アラレ
書名別名 Tama arare
シリーズ名 学年別新選童話集 ; 6年生
出版元 新潮社
刊行年月 昭和15
ページ数 278p 図版
大きさ 21cm
全国書誌番号
45036862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想