農業新機構研究

河田嗣郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 獨逸の產業組合體制…河田嗣郞 / 1
  • 一 はしがき / 3
  • 二 獨逸產業組合の發達 / 5
  • 三 獨逸產業組合在來の性格 / 20
  • 四 ナチス政權下に於ける新體制 / 48
  • 五 信用組合の性格と其變化 / 60
  • 戰時下の農業生產と農民生活…硲正夫 / 75
  • 一 緒論 / 77
  • 二 農業生產の特殊性 / 84
  • 三 戰爭が農業生產におよぼす影響 / 116
  • I 農業勞働人口におよぼす影響 / 120
  • A 農業人口の工業人口への移動・轉化 / 120
  • B 農業部門内部における人口構成の變化 / 132
  • II 事變が農業生產の社會的形態におよぼす影響 / 151
  • A 農業經營規模の變遷 / 151
  • B 農業經營および農家經濟の商業化・貨幣化 / 163
  • (a) 勞働力の雇傭と自給 / 164
  • (b) 貨幣費用と自給費用 / 175
  • (c) 貨幣收入と現物收入 / 189
  • (d) 諸負擔の意義 / 202
  • (e) 消費生活における貨幣支出と現物支出 / 205
  • (f) 總括-農家の市場への依存性 / 214
  • III 土地所有の性質・機能におよぼす影響 / 219
  • A 土地所有の性質・機能、土地所有者としての地主と自作農 / 220
  • B 土地所有狀態の變遷 / 229
  • C 小作料の動向 / 241
  • 四 農業生產方法の變化と農民生活との關係 / 251
  • 五 結言 新體制下の農民生活への展望 / 277
  • 我國農產物商品化の展開…小松幸雄 / 281
  • 一 零細農耕制下に於ける農產物商品化 / 283
  • I 農產物商品化の意義 / 283
  • II 零細農耕制の存續と農產物商品化 / 288
  • III 零細農の分化と農產物商品化 / 295
  • IV 國際的商品生產と零細農耕 / 300
  • 二 我國に於ける農產物商品化の端初形態 / 304
  • I 江戶時代の囘顧 / 304
  • II 明治初期の囘顧 / 306
  • III 零細農耕制の持續性と支配性 / 310
  • 三 我國農產物商品化の展開 / 318
  • I 主要穀作物の[耕]地變遷とその商品化 / 329
  • A 米穀 / 329
  • (a) 米作の重要とその發展 / 329
  • (b) 米作の地方的分化 / 332
  • (c) 米の商品化の普及 / 338
  • B 麥類商品化の展開 / 342
  • (a) 大麥 / 342
  • (b) 裸麥 / 345
  • (c) 小麥 / 347
  • II 食用農產物の耕地變遷とその商品化 / 352
  • III 園藝農產物の耕地變遷とその商品化 / 356
  • IV 果樹栽培の變遷とその商品化 / 363
  • V 工藝農產物耕地變遷とその商品化 / 367
  • VI 桑及び茶の耕地變遷とその商品化 / 372
  • A 茶及び製茶 / 372
  • B 桑、養蠶 / 374
  • 四 田畑耕地の變遷 / 381
  • 五 農家經濟の貨幣經濟化 / 386
  • 六 結言 / 392
  • 農業に於ける技術と經濟…豊崎稔 / 397
  • 一 農業に於ける生產力槪念の發達段階 / 399
  • 二 農業生產力の發展過程 / 406
  • 三 我國農業生產技術とその發展段階別の特殊性 / 416
  • 農業經營適正規模論の一例…四宮恭二 / 431
  • 一 經營規模と適正經營規模 / 433
  • 二 適正規模と生產費 / 440
  • 三 生產費の分析(I)-低減費目 / 449
  • 四 生產費の分析(II)-嵩增費目 / 457
  • 五 チャヤノフ理論と日本農業 / 466

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 農業新機構研究
著作者等 河田 嗣郎
書名ヨミ ノウギョウ シンキコウ ケンキュウ
書名別名 Nogyo shinkiko kenkyu
シリーズ名 大阪商科大学経済研究所研究叢書 ; 第11冊
出版元 日本評論社
刊行年月 1942
ページ数 476p
大きさ 22cm
NCID BN13944887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53015710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想