灘酒経済史研究

柚木重三 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序論 / 1
  • 第一節 緒言 / 1
  • 第二節 酒造業の時代的特性 / 3
  • 第三節 灘酒造業の經濟的特性 / 8
  • 第四節 結言 / 17
  • 第二章 近世酒造業の經濟的性格 / 20
  • 第一節 意義 / 20
  • 第二節 近世酒造業の經濟的地盤 / 21
  • 第一款 近世初期 / 22
  • 第一項 幕府の三大政策の樹立 / 22
  • 第二項 江戶上方間の經濟的構造聯關 / 29
  • 第二款 近世中期 / 36
  • 第一項 幕府の經濟政策 / 36
  • 第二項 江戶上方間の經濟的構造聯關 / 38
  • 第三款 近世末期 / 53
  • 第一項 幕府の經濟政策 / 53
  • 第二項 江戶上方間の經濟的構造聯關 / 55
  • 第三章 德川幕府の酒造統制 / 87
  • 第一節 緒言 / 87
  • 第二節 第一期 / 91
  • 第三節 第二期 / 96
  • 第四節 第三期 / 118
  • 第五節 第四期 / 153
  • 第六節 結言 / 158
  • 第四章 造酒株の特異性 / 170
  • 第一節 緒言 / 170
  • 第二節 造酒株の基本的特性 / 171
  • 第三節 造酒株の限定性 / 182
  • 第四節 造酒株の移動性 / 189
  • 第五節 結言 / 231
  • 第五章 造酒株の種別性 / 233
  • 第一節 緒言 / 233
  • 第二節 種別性の實態 / 235
  • 第一款 一般株 / 236
  • 第二款 特殊株 / 248
  • 第三款 種別性の地域的分布性 / 264
  • 第三節 結言 / 270
  • 第六章 德川幕府の入津樽統制 / 273
  • 第一節 緒言 / 273
  • 第二節 入津樽統制の必然性 / 275
  • 第三節 入津樽統制の實態性 / 292
  • 第四節 結言 / 332
  • 第七章 江戶時代前半期に於ける幕府の酒稅政策 / 335
  • 第一節 緒言 / 335
  • 第二節 第一次インフレーション期 / 340
  • 第三節 第一次デフレーション期 / 359
  • 第四節 結言 / 371
  • 第八章 江戶時代後半期に於ける幕府の酒稅政策 / 374
  • 第一節 緒言 / 374
  • 第二節 第二次インフレーション期 / 375
  • 第三節 第二次デフレーション期 / 407
  • 第四節 第三次インフレーション期 / 425
  • 第五節 第三次デフレーション期 / 437
  • 第六節 第四次インフレーション期 / 443
  • 第七節 結言 / 454
  • 第九章 近世末期所謂灘五鄕に於ける酒造業發展の地域別性格 / 456
  • 第一節 緒言 / 456
  • 第二節 所謂灘五鄕の地域的特性 / 459
  • 第三節 結言 / 489
  • 第十章 灘酒經濟史年表 / 491
  • 附 歷代代官 / 520
  • 附錄 佐田介石の造酒萬益論 / 521

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 灘酒経済史研究
著作者等 柚木 重三
書名ヨミ ナダシュ ケイザイシ ケンキュウ
書名別名 Nadashu keizaishi kenkyu
出版元 象山閣
刊行年月 1940
ページ数 568p 図版 表5枚
大きさ 23cm
NCID BN10321265
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52010035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想