犯罪と社会

大坪与一 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 犯罪とはどんなことか / 1
  • 第一節 犯罪の社会的意味 / 1
  • 第二節 犯罪と刑罰の規定 / 15
  • 第二章 犯罪の発見から犯人の処罰まで / 26
  • 第一節 刑事裁判の制度と機関 / 26
  • 第二節 刑事事件の流れ / 34
  • 第三章 犯罪現象の槪観 / 50
  • 第一節 年々の犯罪件数の比較 / 50
  • 第二節 終戦後の犯罪 / 63
  • 第三節 人口中の犯罪の密度と分布 / 76
  • 第四章 犯罪行爲の原因 / 88
  • 第一節 犯罪の原因についての考え方 / 88
  • 第二節 統計に現われた犯罪原因 / 114
  • 第五章 犯罪行爲の社会的原因 / 126
  • 第一節 人の行為と社会的環境の影響 / 126
  • 第二節 犯罪をひき起しやすい社会的環境 / 132
  • 第三節 犯罪の原因としての貧乏 / 141
  • 第四節 道徳の頹廃 / 152
  • 第五節 犯罪前歴者の特殊な境遇と累犯現象 / 155
  • 第六章 犯罪者の人格と境遇 / 159
  • 第一節 犯罪者の人格 / 159
  • 第二節 犯罪者の境遇 / 175
  • 第七章 地域社会と犯罪現象 / 187
  • 第一節 地域社会のいろ〔イロ〕の状態 / 187
  • 第二節 都道府県別に見た犯罪の状況 / 202
  • 第八章 犯罪者の改善と更生保護 / 205
  • 第一節 刑罰のうつりかわり / 205
  • 第二節 犯罪者の見方と取扱い方 / 216
  • 第三節 刑務所の仕事(行刑) / 229
  • 第四節 更生の保護 / 234
  • 第九章 少年犯罪者の処理と少年保護 / 241
  • 第一節 少年審判と保護処分 / 241
  • 第二節 少年院 / 247
  • 第三節 少年に対する刑 / 251
  • 第十章 犯罪の豫防 / 255
  • 索引
  • さしえ 目次
  • 口絵 少年院の生活
  • 第一図 犯人を裁判にかける手続 / 29
  • 第二図 検挙率累年の比較 / 36
  • 第三図 検挙率犯罪別の比較 / 37
  • 第四図 起訴率の累年比較 / 41
  • 第五図 各種犯罪の起訴と起訴猶予の割合 / 42
  • 第六図 検察庁の捜査事件の処理区分 / 42
  • 第七図 明治十五年以来の犯罪の波 / 61
  • 第八図 戦後の在監人員の増減 / 67
  • 第九図 満州事変後と終戦後との主要犯罪の発生件数比較図 / 69
  • 第一〇図 有罪人員から見た主要犯罪 / 71
  • 第一一図 戦後の各種有罪犯人の増減比較 / 75
  • 第一二図 昭和二十一年の犯罪曲線 / 145
  • 第一三図 初犯者と累犯者の比較図 / 157
  • 第一四図 職業と犯罪率 / 184
  • 第一五図 ベッカリア / 211
  • 第一六図 ハワード / 215
  • 第一七図 受刑者の改善と更生保護の経路 / 238
  • 第一八図 少年犯罪者の取扱い手続の槪略 / 244
  • 〔巻頭〕 犯罪の分布
  • 〔巻末〕 各種犯罪の発生件数の変化

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 犯罪と社会
著作者等 大坪 与一
書名ヨミ ハンザイ ト シャカイ
シリーズ名 社会科文庫 ; B 13
出版元 三省堂
刊行年月 昭和25
ページ数 272p 図版
大きさ 19cm
NCID BA49019175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45019654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想